ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》デング熱で今年は既に21人死亡=被害大きいバウルー市、数々の対策

《サンパウロ州》デング熱で今年は既に21人死亡=被害大きいバウルー市、数々の対策

 サンパウロ州では、今年に入ってからデング熱にかかって亡くなった人が21人に達し、昨年全体の10人を既に上回ったと、20、22日付現地紙・サイトが報じた。

 また、3月15日現在のデング熱発症者数は3万4785人で、これも昨年の1万3894人を大幅に超えている上、まだ増加傾向にある。

 今年は昨年より深刻だが、それでも、年間発症者数65万7903人、1~3月だけでも37万459人を記録した2015年よりはましだ。

 死者21人の内、10人はバウルー市で亡くなった。同市では他にも9人について、デング熱が死因だったのか否かの確認を行っている。

 同市保健局の伝染病監視センターによると、今年は、3月15日までに5668人の発症が確認された。

 バウルー以外でデング熱による死者が確認されているのは、アララクアラ、サンジョアキン・ダ・バーラ(各4人)、サンジョゼ・ド・リオ・プレット(3人)だ。

 また、デング熱発症者数は、1位バウルー、2位アララクアラ(3245人)、3位サンジョゼ・ド・リオ・プレット(3166人)、4位アンドラジーニャ(1925人)などとなっている。

 バウルー市は、デング熱の症状がより深刻化した患者のための診療ポストの設置や、市内の公共医療施設の診療時間を午後11時まで延長して対応している。また、医療関係者を増員し、危険な症状が出ている患者の有無も毎日監視。並行して、蚊の繁殖予防を促す家庭訪問、殺虫スプレーの散布も行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]
  • 《ブラジル》デング熱患者が339%増加=流行発生の可能性のある市は約1千2019年5月3日 《ブラジル》デング熱患者が339%増加=流行発生の可能性のある市は約1千  ブラジル保健省が4月30日に発表したデング熱とジカ熱、チクングニア熱に関する最新統計によると、4月13日現在のデング熱の患者数は45万1685人で、昨年同期比で339%も増えている事がわかった。  同省の報告によると、今年はネッタイシマカ(Aedes […]
  • デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す2019年3月27日 デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す  保健省が25日、3月16日までの11週間に確認されたデング熱患者は22万9064人で、昨年同期の264%増と発表した。  1月1日~3月16日の患者が22万9千人に及んだ事で、患者の発生率は10万人当たり109・9人となった。  また、今年のデング熱による死者は6 […]
  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]
  • 《ブラジル》デング熱=擬似症患者は昨年の2・5倍=聖州では感染患者が7倍に2019年3月2日 《ブラジル》デング熱=擬似症患者は昨年の2・5倍=聖州では感染患者が7倍に  ブラジル保健省が2月26日、2月2日までのデング熱擬似症患者は5万4777人で、昨年同期比149%増と発表したと同日付G1サイトが報じた。  デング熱はネッタイシマカが媒介する病気の代表格で、ジカ熱は18%減って630人、チクングニア熱は51%減と報告される中、大幅 […]