ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されている。同国の国営放送「ドイッチェ・ヴェレ」は同外相の発言に対し、「わが国のナチス研究の学界ではほぼ相手にもされていない考え方」と否定的な見解を発表している。こうしたところで問題を作ると、ベネズエラ問題などでの説得力も落ちるから、何とかしていただきたいのだが。

     ◎

 サンパウロ州サントス市で25日、19年ぶりとなるサランポ(はしか、麻疹)の域内感染者が報告された。患者は同市マクコ地区に住む4歳女児で、州外に旅行もしていないため、域内感染認定第1号となった。このため、彼女が在籍する学校の生徒や教職員、近隣住民などが予防接種を受けたという。同市では、2月18日にMSC社のクルーズ船の乗客・乗員13人が麻疹に感染していたことが発覚。以後、同船乗客の同市市民が発症するなど、21人の感染が確認されている。被害が拡大せぬよう願うばかりだ。

     ◎

 ペルーで開催中のサッカーU17南米杯グループリーグで、ブラジル代表は28日、コロンビア代表に3対2の接戦ながら勝利した。これで、3戦で2勝1分。ブラジルが入っているグループは、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアと強豪国が集中しており、心配されていたが、今日のアルゼンチン戦で負けても、1点差までなら決勝リーグ進出となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》州選手権で優勝チーム続々決定=ライバル対決が決勝で頻発2019年4月23日 《ブラジルサッカー》州選手権で優勝チーム続々決定=ライバル対決が決勝で頻発  国内各州のサッカー州選手権の決勝が20、21日に行われ、多くの州で優勝チームが決定したと21、22日現地各紙・サイトが報じた。  最もレベルの高いサンパウロ州選手権決勝第2戦は、コリンチャンスが同じサンパウロ市本拠のサンパウロFCに2対1で勝利して、合計スコア2対1 […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落2019年4月2日 《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落  ペルーで開催中のサッカーU17南米選手権の1次リーグで、ブラジル代表がまさかの敗退を喫した。  今大会はまずA、Bの二つのグループに分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各グループで5チーム中3位以内に入れば、決勝リーグに進めるシステムだった。  ブラジルはB組所属だっ […]
  • 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり2019年2月12日 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり  チリで行われた、サッカーU20南米選手権の最終ラウンド第5節で、U20ブラジル代表はアルゼンチンに1対0で勝利した。しかし、最終ラウンド5試合の総合成績は1勝2分2敗の勝ち点5、6チーム中5位に終わり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出 […]
  • 東西南北2019年4月4日 東西南北  3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、聖市の医療機関の意見書を正式に発表した […]