ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されている。同国の国営放送「ドイッチェ・ヴェレ」は同外相の発言に対し、「わが国のナチス研究の学界ではほぼ相手にもされていない考え方」と否定的な見解を発表している。こうしたところで問題を作ると、ベネズエラ問題などでの説得力も落ちるから、何とかしていただきたいのだが。

     ◎

 サンパウロ州サントス市で25日、19年ぶりとなるサランポ(はしか、麻疹)の域内感染者が報告された。患者は同市マクコ地区に住む4歳女児で、州外に旅行もしていないため、域内感染認定第1号となった。このため、彼女が在籍する学校の生徒や教職員、近隣住民などが予防接種を受けたという。同市では、2月18日にMSC社のクルーズ船の乗客・乗員13人が麻疹に感染していたことが発覚。以後、同船乗客の同市市民が発症するなど、21人の感染が確認されている。被害が拡大せぬよう願うばかりだ。

     ◎

 ペルーで開催中のサッカーU17南米杯グループリーグで、ブラジル代表は28日、コロンビア代表に3対2の接戦ながら勝利した。これで、3戦で2勝1分。ブラジルが入っているグループは、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアと強豪国が集中しており、心配されていたが、今日のアルゼンチン戦で負けても、1点差までなら決勝リーグ進出となる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 東西南北2020年2月8日 東西南北  6日にコロンビアで行われた、サッカーの南米五輪予選の4チームでの決勝リーグ、対ウルグアイ戦でブラジル代表が1―1と引き分けたために、事態がかなり微妙なことになっている。9日に最終戦が行われるが、ブラジリア時間の20時に行われるコロンビア対ウルグアイ戦が引き分けに終わると、ブラ […]
  • 東西南北2019年10月29日 東西南北  このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボウソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの […]
  • 東西南北2019年7月11日 東西南北  地理統計院(IBGE)は10日、6月の広範囲消費者物価指数(IPCA・ブラジルの公式インフレ率)が0・01%だったと発表した。これにより、今年上半期の累積インフレ率は2・23%、直近12カ月の累積インフレ率は3・37%となった。0・01%は、6月の値としては、マイナス […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]