ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落

《ブラジルサッカー》U17代表、南米予選で最終ラウンドにも進めず=1次リーグ最終戦で負け、4位転落

 ペルーで開催中のサッカーU17南米選手権の1次リーグで、ブラジル代表がまさかの敗退を喫した。

 今大会はまずA、Bの二つのグループに分かれて1回戦総当たりのリーグ戦を行い、各グループで5チーム中3位以内に入れば、決勝リーグに進めるシステムだった。

 ブラジルはB組所属だったが、ここは、ウルグアイ、アルゼンチン、コロンビア、パラグアイという強豪国の激戦グループとなった。

 だが、最終戦の前はブラジル代表は順調な試合運びを続けていた。パラグアイに3―2、ウルグアイに1―1、コロンビアに3―2の2勝1分で、最終試合の対アルゼンチン戦で負けても、2点差以内なら決勝リーグ進出は確実だった。

 だが、選手たちが点差のことを意識してしまったのか、逆に「ブラジルへの3点差勝利が進出のための絶対条件」と、脱落直前まで追い込まれていたアルゼンチンの闘志に火がついたのか、3月30日に行われたこのアルゼンチン戦でまさかの大敗北を喫し、予選敗退となってしまった。スコアは0―3。しかも、最後は後半ロスタイムに致命的な3点目を決められてしまった。

 この試合では、これまでの3試合で7得点をあげていた自慢の攻撃力も抑えられてしまった。

 ブラジル代表はU20に続き、U17でも南米予選で4位以上の成績を残せなかった。本来なら、U17代表は10月開催のU17W杯の出場権が得られないところだが、開催国に決まっていたペルーが今年に入って開催権返上、ブラジルが代替開催国に選ばれたため、開催国枠での出場となる。(3月31日付R7サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり2019年2月12日 《ブラジルサッカー》U20W杯出場を逃す=最終ラウンドで5位に終わり  チリで行われた、サッカーU20南米選手権の最終ラウンド第5節で、U20ブラジル代表はアルゼンチンに1対0で勝利した。しかし、最終ラウンド5試合の総合成績は1勝2分2敗の勝ち点5、6チーム中5位に終わり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出 […]
  • サンティアゴ会議=反マドゥーロの新同盟発足=ロシアが空軍機2機を送る=ブラジルによるピノチェト独裁賞賛にチリは憤慨2019年3月26日 サンティアゴ会議=反マドゥーロの新同盟発足=ロシアが空軍機2機を送る=ブラジルによるピノチェト独裁賞賛にチリは憤慨  【既報関連】チリ首都サンティアゴで22日、混乱の度を深めるベネズエラ情勢についての対策を話し合う、南米諸国首脳会議が開催された。  23日付ブラジル紙によると、同会議には議長国チリの他、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、エクアドル、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、 […]
  • 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?2018年11月29日 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?  サッカーのクラブチーム南米大陸王者を決めるリベルタドーレス杯決勝が、開催地や開催日時、実際に行われるかどうかさえも正式決定できないという異例の事態になっていると、25~28日付ブラジル紙・サイトが報じている。  決勝はアルゼンチンの名門チーム、リーベル・プレート(リ […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=今度はチリで首脳会談=プロスル設立などが議題に2019年3月22日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=今度はチリで首脳会談=プロスル設立などが議題に  訪米後の20日に軍人関係の社会保障制度改革案を提出し終えたボウソナロ大統領が、22日に開催される南米諸国首脳会談に出席するため、21日にチリに飛ぶと、20、21日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  22日開催の南米首脳会談には、ブラジルやアルゼンチン、チリ、ペルー […]
  • 東西南北2019年3月30日 東西南北  かなりの極右派として有名なエルネスト・アラウージョ外相が、「ナチスは左翼から生じた」と発言し、話題を呼んでいる。これは、ユーチューブ上のブラジルの右翼系チャンネルに出演した際、実際に持論を述べて語ったものだ。この発言は、ブラジル国内の学者のみならず、本国ドイツでも問題視されて […]