ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州議会で性転換選手を認めない法案 女子バレーのティファニーへの疑問高まる

サンパウロ州議会で性転換選手を認めない法案 女子バレーのティファニーへの疑問高まる

 サンパウロ州議会で、「スポーツへの参加資格は性別に制限される」として、性転換選手の転換後の性での参加を認めないとする法案が浮上していることがわかった。

 これはブラジル共和党(PRB)のアウタイール・モラエス州議が起草した第346号法案で、サンパウロ州の官報に2日に掲載された。

 同法案では、「サンパウロ州で行われる公式な試合に参加するスポーツ選手の性別は、出生時の性によって区別される」と定めている。また、この法案に従わず、性転換選手を出場させたチームには、50最低賃金の罰金を科すことになっている。同法案の審議はこれからで、承認されれば180日後に発効となる。

 これに該当する選手には、女子バレーのクラブ、バウルーに所属する性転換選手ティファニー(33)がいる。彼女は現在、女子バレーの国内リーグ「スーペルリーガ」に所属しており、同チームの準決勝進出に貢献している。

 ティファニーは31歳まで男子バレーの選手として活躍し、ヨーロッパやアジアなどでプレーした後、国際バレー連盟の許可を得て、性転換を行い、女子選手として活動しはじめた。その際にはブラジル国内でも大きな話題を呼んでいた。

 だが、ティファニーのように、男子バレーでも実績を残してきた選手が女子チームでプレーすれば、体力差はどうしてもあり、疑問視する声はかねてから大きかった。

 その一例が3月27日に浮上した。それは、オリンピックで男女に金メダルをもたらした名将で、現在は国内の女子クラブ「SESC RH」で指揮を執っているベルナルジーニョが、3月27日のスーペルリーガの試合でバウルーに負けた際、「あんな男を入れるなんて!」と批判したのだ。この発言は「LGBT差別だ」として物議を醸し、ネット上で大きな話題となった。ベルナルジーニョは翌日、謝罪している。

 だが、このような不満は、多くのバレー関係者からあがっている。ティファニーに対する直接的な異議申し立ては行われてはいないものの、大半のチームが不満を感じていることは、ブラジル・バレー協会も知るところとなっている。

 昨年1月には、元女子バレー選手のアナ・パウラ・ヘンケルが国際オリンピック委員会に対し、「医師の間でも、すでに性転換した女性選手と女性選手では、体力に差があることを医学的に証明している」として報告書の提出を行っている。(2日付エスタード紙

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]
  • 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族2019年6月4日 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族  【既報関連】5月22日にチリのアパートで死亡したブラジル人の家族6人の遺体が3日朝、サンチアゴを出立した。6人の葬儀と埋葬は、4日にサンタカタリーナ州フロリアノポリス大都市圏のビグアス市で執り行われる。  遺体での帰国となったのは、ファビアノ・デ・ソウザ氏(41)、 […]
  • 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?2019年6月4日 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?  サッカー・ブラジル代表のネイマールにパリで強姦されたと、ブラジル人女性が5月31日、サンパウロ市第6警察署に被害届を出し、コパ・アメリカを直前に控えたチームに激震が走っていると、2~4日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  届けによると、女性は、写真共有アプリ、インス […]
  • 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長2019年6月1日 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長  サンパウロ市交通局(SMT)が5月23日に無記名のビリェッテ・ウニコ(以下BU)を記名式のものと交換する期限を9月30日に延ばしたのに、BUを取り替えようとして窓口に並ぶ人が長蛇の列をなしていると5月28日付G1サイトや同30日付アゴラ紙が報じた。  SMTが4月の […]
  • 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判2019年6月1日 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判  5月30日、5月15日同様、「連邦大学への支出3割削減」など、教育省の支出削減方針に反対するデモが行われた。1回目のデモより人は少なかったが、全国の100市近くで主張を強めて行った。5月31日付現地紙が報じている。  今回のデモは2回目ということもあり、その規模は、 […]