ホーム | ブラジル国内ニュース | (パウロ・プレット)「スイスの4口座は自分のもの」=サンパウロ州PSDB政権の大型汚職

(パウロ・プレット)「スイスの4口座は自分のもの」=サンパウロ州PSDB政権の大型汚職

 ラヴァ・ジャット作戦で逮捕中のサンパウロ州高速道開発公社(DERSA)元理事のパウロ・ヴィエイラ・デ・ソウザ(通称パウロ・プレット)容疑者が、スイスで見つかった隠し口座四つが自身のものであることを、サンパウロ州税務局で認めたことがわかった。2日付現地紙が報じている。

 パウロ・プレット容疑者は、サンパウロ州政府の高速道建設などの事業にまつわる贈収賄工作などに関わり、民主社会党(PSDB)のオペレーターとされている。同容疑者はすでに145年の実刑判決を受けているが、これまでも疑われていたスイスの隠し口座が自分のものであることを、遂に認めはじめたという。

 この4口座には、総額3500万スイスフラン(1億3700万レアル相当)の預金がある。

 関係者によると、パウロ・プレット氏がこうした自白をはじめたのは、自分自身の会計責任を問われることを避けると共に、テメル政権下で外相も務めたアロイージオ・ヌーネス氏ら、DERSA絡みの汚職関与が疑われているPSDBの政治家を捜査の対象外にさせることを目的にしているのではないかという。

 パウロ・プレット氏は3度逮捕されており、初回逮捕後は報奨付供述に応じる姿勢を見せたが、人身保護令適用後に弁護士が交代したことで供述を放棄した。以前用意した供述内容には、自分が関与した汚職約70件が含まれていたという。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に2019年6月5日 《サンパウロ市》鉄道停止件数が37%増加=11年以降で最悪の数字に  施設老朽化なども原因か、1~4月のサンパウロ市の地下鉄と郊外電車(CPTM)の停止件数が、昨年同期比37%増の52件に達した。この数字は、2011年の情報公開法の発効後、最悪となっている。  機関別の運行停止件数は、地下鉄34件、CPTM18件(昨年同期は32件と6 […]
  • 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族2019年6月4日 《ブラジル》6人の遺体帰国、埋葬へ=チリで死亡したブラジル人家族  【既報関連】5月22日にチリのアパートで死亡したブラジル人の家族6人の遺体が3日朝、サンチアゴを出立した。6人の葬儀と埋葬は、4日にサンタカタリーナ州フロリアノポリス大都市圏のビグアス市で執り行われる。  遺体での帰国となったのは、ファビアノ・デ・ソウザ氏(41)、 […]
  • 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?2019年6月4日 《ネイマール》突如沸いた強姦疑惑=潔白証明投稿で更なる罪も?  サッカー・ブラジル代表のネイマールにパリで強姦されたと、ブラジル人女性が5月31日、サンパウロ市第6警察署に被害届を出し、コパ・アメリカを直前に控えたチームに激震が走っていると、2~4日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  届けによると、女性は、写真共有アプリ、インス […]
  • 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長2019年6月1日 《サンパウロ市》ビリェッテ交換で長蛇の列=有効期限は9月末まで延長  サンパウロ市交通局(SMT)が5月23日に無記名のビリェッテ・ウニコ(以下BU)を記名式のものと交換する期限を9月30日に延ばしたのに、BUを取り替えようとして窓口に並ぶ人が長蛇の列をなしていると5月28日付G1サイトや同30日付アゴラ紙が報じた。  SMTが4月の […]
  • 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判2019年6月1日 《ブラジル》約100市で2度目の教育デモ=主張の強さは変わらず=教育相はデモ扇動の教師批判  5月30日、5月15日同様、「連邦大学への支出3割削減」など、教育省の支出削減方針に反対するデモが行われた。1回目のデモより人は少なかったが、全国の100市近くで主張を強めて行った。5月31日付現地紙が報じている。  今回のデモは2回目ということもあり、その規模は、 […]