ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》隠れた海岸を守る「保護者」=カヤックで通ってゴミ収集

《サンパウロ州》隠れた海岸を守る「保護者」=カヤックで通ってゴミ収集

海岸でゴミを集めるレイス氏(3月31日付フォーリャ紙の記事の一部)

 サンパウロ州南部海岸の町、グアルジャー市には、サンガヴァと呼ばれる海岸がある。

 総延長90メートルの小さな海岸は、ゴエス海岸から続く、難易度中~高と評価されるトレイル(自然散策ルート)か、ボートでしか行けない。

 だが、海水の透明度は抜群で、緑に囲まれ、岩もある海岸は、静かなところで自然を満喫したい人や冒険好きには最適といわれる穴場の一つだ。サンガヴァ海岸や海岸線が20メートルしかないシェイラ・リマン海岸、サッコ・ド・マジョール海岸は、グアルジャー市の中でも、静かで人ごみもない海岸として知られているが、週末のサンガヴァ海岸には100人を超す観光客が集まり、カヤックが並ぶという。

 そんなサンガヴァ海岸に、カヤックで毎日通う男性がいる。サントス市在住のアンデルソン・レイス氏(40)だ。

 彼にとり、サンガヴァ海岸は、カヤックをこいだ後の疲れを癒すだけの場ではない。レイス氏は一休みした後、動物の餌などが入っていた大きなプラスチックの袋を手に取ると、観光客達が置き去りにしたゴミを集め始めるのだ。

 この海岸は、エンセアダ、ピタンゲイラス、トンボといった有名な海岸とは違い、陸から離れているため、ゴミを捨てるとそのまま、そこに残ってしまう。

 「啓蒙活動も行い、看板も立てたけど、心無い人にはそんなものは何の役にもたたない。残された手段は、自分達で拾って歩く事だけ」と言うレイス氏は、「ゴミを拾って歩く事に疲れちゃった人もたくさんいるけど、僕は仕事だと思っていない。僕にとっては一種のセラピーさ」と笑う。

 ゴミ収集に加わった事があるイアラ・シウヴァ氏(45)によると、夏の間は観光客も増え、鉛筆や日焼け止めクリームなどの容器、ペットボトル、インスタントラーメンの袋なども捨てられているという。

 サントス市のポンタ・ダ・プライアからシェイラ・リマン海岸までは、カヤックやスタンド・アップ・パドルなどで約30分。サッコ・ド・マジョール海岸までは約40分かかるという。サッコ・ド・マジョール海岸は、岩が多く、ボートなどで近づくのが大変なので、トレイルを利用する方が無難だという。(3月31日付フォーリャ紙&同紙電子版より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月8日 東西南北  サンパウロ市では5日から、市立校の教職員を対象としたPCRテストを行っている。同市教育局によると、5日だけで2万人がテストを受けたという。そのため、初日の5日には検査の数が足りなくなったり、長蛇の列ができて3密が発生したりしたが、6日には、回廊部分に間隔をあけて椅子を並べ、順 […]
  • 東西南北2021年4月6日 東西南北  ブラジルを代表するバラード歌手アギナルド・チモテーオが3日、コロナウイルス感染症で入院していたリオ市の病院で亡くなった。84歳だった。アギナルドは歌手だけでなく、政治家としても知られ、下院議員の他、サンパウロ市、リオ市の市議を務めたこともある。実直な人柄で知られ、コロナウイル […]
  • 東西南北2021年3月25日 東西南北  24日で、サンパウロ州が対コロナウイルスの外出自粛規制をはじめてから1年が経過した現在、サンパウロ州はもっとも厳しい規制を行っている真っ只中だ。その間に、州内では233万人余りの感染者と6万9千人弱の死者を記録している。これに関して、「もっと厳しい規制を行わないから封じ込めら […]
  • 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で2021年3月24日 《サンパウロ大都市圏》公共交通機関の利用者激減=より厳しい外出規制採用で  新型コロナの感染再燃でより厳しい外出規制が採用されたため、サンパウロ大都市圏では、バスと鉄道の双方の利用者が62%減少した。  サンパウロ州政府によると、市内バスと市間バス(EMTU)、地下鉄、都電(CPTM)の利用者は、パンデミック前の1050万人/日から400万 […]
  • 東西南北2021年3月24日 東西南北  サンパウロ市がコロナ対策の一環として、26日からの10日間を連休(平日なし)とすると決めた後、大サンパウロ市圏やサントス海岸部の他の市も、続々と独自の外出自粛規制の対策に乗り出している。ABC地区やジアデマ、マウアー、リベイロン・ピーレス、リオ・グランデ・ダ・セーラでも、サン […]