ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、サンパウロ市の医療機関の意見書を正式に発表したことによって明らかにされた。意見書によると、本当の死因は「ブドウ球菌」という、主に皮膚に見られるバクテリアが臓器に入りこんで引き起こした体内感染だという。医師の見解では、バクテリアで人が死に至るケースは稀だが、逆に予防接種が存在しない類のものだという。どのような形でバクテリアに感染したのかはわからないが、今後、同じような病気にかかった子供が出た場合の参考になれば。

     ◎

 2日にリオ市中央部ではじまった「ラテン・アメリカ武器・防御国際見本市(LAAD)」の会場から、開場直前に銃1丁が盗まれた。盗まれたのは9ミリ口径のピストルで、市場価格にして1700レアル(400ユーロ)相当のものだったという。この銃はイタリアの銃製造会社BDT社の商品展示棚に置いてあったが、幸いにして部品の一部が取り外されており、発砲はできない状態になっていたとか。人騒がせな話だ。

     ◎

 2日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスは敵地アルゼンチンでの強豪サンロレンソ戦を0―1で落とし、グループ・リーグ2勝1敗となった。一方、クリチーバでは、アトレチコ・パラナエンセが、毎度優勝候補のアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスに3―0で圧勝する金星をあげ、話題をさらっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年3月14日 東西南北  12日、ブラジルのネットでは「コインシデンシア(奇遇)」という言葉が飛び交った。それは本面でも報じたように、マリエーレ・フランコ氏を殺害した容疑者の一人はボウソナロ大統領の隣人で、互いの子供が交際していると警察が発表してしまったことと、もう一人の容疑者がボウソナロ氏と写真に写 […]
  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]
  • 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ2019年11月20日 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ  ブラジルの通算4回目の優勝で幕を閉じたU17W杯。優勝に貢献した3選手、チーム得点王のカイオ・ジョルジ(サントスFC)、準決勝、決勝で決勝ゴールを決めたラザロ(フラメンゴ)、大会MVPガブリエル・ヴェロン(パルメイラス)の3人には、既に最低60億円の違約金が設定されて […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 《ブラジル杯》決勝カードはインテル対アトレチコ・パラナエンセに=準決勝でクルゼイロ、グレミオを降す2019年9月6日 《ブラジル杯》決勝カードはインテル対アトレチコ・パラナエンセに=準決勝でクルゼイロ、グレミオを降す  サッカーブラジル杯準決勝第2試合が4日、パラナ州クリチーバと、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで行われた。  クリチーバで行われたのはアトレチコ・パラナエンセ対グレミオの対戦だ。8月にグレミオのホームで行われた第1試合では、グレミオが2対0で勝利していた。 […]