ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、聖市の医療機関の意見書を正式に発表したことによって明らかにされた。意見書によると、本当の死因は「ブドウ球菌」という、主に皮膚に見られるバクテリアが臓器に入りこんで引き起こした体内感染だという。医師の見解では、バクテリアで人が死に至るケースは稀だが、逆に予防接種が存在しない類のものだという。どのような形でバクテリアに感染したのかはわからないが、今後、同じような病気にかかった子供が出た場合の参考になれば。

     ◎

 2日にリオ市中央部ではじまった「ラテン・アメリカ武器・防御国際見本市(LAAD)」の会場から、開場直前に銃1丁が盗まれた。盗まれたのは9ミリ口径のピストルで、市場価格にして1700レアル(400ユーロ)相当のものだったという。この銃はイタリアの銃製造会社BDT社の商品展示棚に置いてあったが、幸いにして部品の一部が取り外されており、発砲はできない状態になっていたとか。人騒がせな話だ。

     ◎

 2日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスは敵地アルゼンチンでの強豪サンロレンソ戦を0―1で落とし、グループ・リーグ2勝1敗となった。一方、クリチーバでは、アトレチコ・パラナエンセが、毎度優勝候補のアルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルスに3―0で圧勝する金星をあげ、話題をさらっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年3月14日 東西南北  12日、ブラジルのネットでは「コインシデンシア(奇遇)」という言葉が飛び交った。それは本面でも報じたように、マリエーレ・フランコ氏を殺害した容疑者の一人はボウソナロ大統領の隣人で、互いの子供が交際していると警察が発表してしまったことと、もう一人の容疑者がボウソナロ氏と写真に写 […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年5月24日 東西南北  サンパウロ市交通局(CET)が発表した最新の資料によると、同市では、2018年の交通事故による死者が、2014年以来、4年ぶりに増加したという。サンパウロ市での交通事故死は14年に1249人を記録して以降、毎年減少し、17年は797人まで落ちていたが、18年は849人に増えた […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]