ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》順調に伸びるオーガニック市場=18年の売上は40億レアルに

《ブラジル》順調に伸びるオーガニック市場=18年の売上は40億レアルに

有機栽培の野菜や果物(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 健康志向の高まりにつれ、有機栽培の野菜や果物の販売が順調な成長を遂げている。

 有機栽培を行っている農家や有機栽培の食品を加工する企業など、約60社からなる、有機的かつ持続可能な生産のための全国協議会によると、2018年のオーガニック産品の売上は、前年を20%上回る40億レアルに上ったという。

 ブラジルは、ラテンアメリカでも有数のオーガニック市場だ。

 有機栽培のために利用されている農地面積を見ると、ラテンアメリカではアルゼンチン、ウルグアイに次ぐ3位で、世界では12位になる。ラテンアメリカ全体では、世界全体の11%にあたる800万ヘクタールが有機栽培のために利用されている。ブラジルでの栽培面積は2017年までの10年間で20万4千ヘクタール増え、110万ヘクタールとなった。

 世界規模で見たオーガニック市場は、米国、ドイツ、フランス、中国が牽引しており、2017年の売上は970億ドルに達した。有機栽培に携わる生産者や農地面積は成長の一途で、生産者数は181カ国、300万人、農地面積は約700万ヘクタールに及んでいる。(3日付アジェンシア・ブラジルより)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加2020年11月4日 《ブラジル》コロナ禍でワインが売れる=1~8月販売量が37%増加  新型コロナウイルスのパンデミックの中、ブラジル国内では1~8月のワインの販売量が大幅に増えた。「国産高級ワイン」の販売量も増大しており、国内のワイン生産者達は新しい消費者をつなぎ止めようと、国産ワインの売り込みに力を入れている。  ブラジルでの「ワイン」の販売が伸び […]
  • JICA=日系社会と地域人材の育成研修=中南米、非日系人も参加可能2020年10月30日 JICA=日系社会と地域人材の育成研修=中南米、非日系人も参加可能  独立行政法人国際協力機構(JICA)は中南米地域12カ国から「日系社会とその属する地域の発展に貢献する人材を育成すること」を目的に日系・非日系問わず各分野への研修員を募集している。  募集する研修分野は農業、保健医療、教育、情報通信、民間セクター、自然環境保全など多 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]
  • 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一2020年8月21日 特別寄稿=デイゴの花=サンパウロ州アチバイア在住 中沢宏一  沖縄県の唄『島唄』は、「デイゴの花が咲き 、風を呼び、嵐がきた」で始まります。宮沢 和史 […]