ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 グアラレマの銀行襲撃事件の翌日、サンパウロ大都市圏ジアデマでまたも、通勤途中の銀行職員が強盗犯に拘束され、身体に爆発物を取り付けられるという事件が起こった。銀行員には携帯電話で指示し、金を出させようとの魂胆だったが、警察の特殊戦術行動グループ(GATE)が出動し、事なきを得た。被害にあった銀行は、前日グアラレマ市で襲われたのと同じサンタンデール銀行だ。容疑者、共犯者は逮捕されたものの、あの手この手で強盗を試みる輩と警察のいたちごっこはまだまだ続きそうだ。

     ◎

 元スター裁判官のセルジオ・モロ法相が、4日の午前にツイッターアカウント(@SF_Moro)を開設した。初のつぶやきは「こんにちはみなさん。これは本当に私のものです」というもの。ツイッター社も、有名人に付ける本人認証マークをすぐにつけた。法相はツイッター開始の理由を、「コミュニケーションのツールとして強力。ここで法相として、法案内容を直接国民に説明していきたい」としている。

     ◎

 サンパウロ州選手権の決勝進出をかけ、お馴染みの名門4強が準決勝で争っている最中だが、サンパウロFCをのぞく3チームは今週の平日に別の大会の試合に臨み、しかも、3チームとも敗れた。試合間隔が詰まっているため、疲労を考慮してレギュラーの一部を温存したチームや、レギュラーを起用したが、どうしても州選手権準決勝の事が気になり、集中しきれなかったチームなど、状況は様々だ。回復とトレーニングに集中できたサンパウロFCは、日曜日に鬼門となる敵地でのパルメイラス戦。今度は勝てるか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月11日 東西南北  米国大統領選が終わり、全国市長選が今度の日曜に迫ったブラジルでは、早くも再来年の大統領選を意識した動きが表面化し始めている。一例はともに世論調査での支持率が高いルシアノ・フッキ氏とセルジオ・モロ氏で、クリチーバで二人が会合を行ったという一報が世間を賑わせている。二人とも知名度 […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]
  • サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか2020年2月21日 サンパウロ市カーニバル=今夜からSPグループのパレード=主要エスコーラの見どころは?=マンシャの2年連覇なるか  今日21日夜から明日22日未明と22日夜~23日未明にかけて、サンパウロ市北部アニェンビのサンボードロモで、サンパウロ市カーニバルのSPグループによるデスフィーレ(パレード)が行われる。この模様はグローボ局で生中継されるが、今年の注目エスコーラのエンレド(テーマ)は次 […]