ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50ミリを超えており、2月や3月と変わらないペースで雨が降っている。サンパウロ市では8日に、13カ所の冠水と32本の倒木まで記録。予報だと、このようなぐずついた天気はせいぜい今日くらいまでで、それ以降は持ち直して晴天が続くという。乾季に水系が潤うのは良いことだが、そろそろすっきりとした秋晴れも見たいところ。

     ◎

 サンパウロ州では昨年、軍警や市警によって殺された人が657人発生したという。これは、同じく彼らが負傷させた人、602人を大きく超えている。17年は死者が690人で負傷者が693人だった。その一方、18年に死亡した警察官は17人で、負傷警官も265人と、彼らが市民を傷つけた数よりかなり少なかった。ドリア州知事は「警察官による死者を減らしていきたい」と語っているが、どういう策を講じるか。

     ◎

 8日のサッカーのサンパウロ州選手権準決勝、サントス対コリンチャンス戦第2試合は、サントスが1―0で勝ち、2試合合計2―2でPK戦となった。コリンチャンスは1発目以外のPKを全部決めたが、サントスが2度目に外した時点でPK戦は7―6となり、コリンチャンスが決勝に。サンパウロとの決勝戦は、14日がモルンビ、21日はイタケーラで開催される。

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年4月2日 東西南北  この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった […]
  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]