ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4月に入り、本来ならもう雨季も終わっているはずなのだが、ここ数日は、大雨のあったリオのみならず、サンパウロ市でも雨季さながらの雨が降り続いている。サンパウロ市では9日の時点で4日連続で雨が降り続いたことになる。同日午前9時現在の主要水系の降水量をみても、今月の累積はすでに50ミリを超えており、2月や3月と変わらないペースで雨が降っている。サンパウロ市では8日に、13カ所の冠水と32本の倒木まで記録。予報だと、このようなぐずついた天気はせいぜい今日くらいまでで、それ以降は持ち直して晴天が続くという。乾季に水系が潤うのは良いことだが、そろそろすっきりとした秋晴れも見たいところ。

     ◎

 サンパウロ州では昨年、軍警や市警によって殺された人が657人発生したという。これは、同じく彼らが負傷させた人、602人を大きく超えている。17年は死者が690人で負傷者が693人だった。その一方、18年に死亡した警察官は17人で、負傷警官も265人と、彼らが市民を傷つけた数よりかなり少なかった。ドリア州知事は「警察官による死者を減らしていきたい」と語っているが、どういう策を講じるか。

     ◎

 8日のサッカーのサンパウロ州選手権準決勝、サントス対コリンチャンス戦第2試合は、サントスが1―0で勝ち、2試合合計2―2でPK戦となった。コリンチャンスは1発目以外のPKを全部決めたが、サントスが2度目に外した時点でPK戦は7―6となり、コリンチャンスが決勝に。サンパウロとの決勝戦は、14日がモルンビ、21日はイタケーラで開催される。

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]