ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ政権が「成功の100日」をアピール=「35の目標達成」と言うが=18の新たな対策も発表=中銀独立などに着手

《ブラジル》ボウソナロ政権が「成功の100日」をアピール=「35の目標達成」と言うが=18の新たな対策も発表=中銀独立などに着手

11日のイベント(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

11日のイベント(Antonio Cruz/Agencia Brasil)

 就任100日を前に支持率が下がり、民政復帰後の大統領の初年では最低の支持率と報じられたことなどを打ち消すように、ボウソナロ大統領は11日、就任100日を祝うイベントを行った。大統領はこの場で今後の対策18件も公表した。12日付現地紙が報じている。

 社会保障制度改革法案の審議が若干暗礁に乗り上げた感があることや、連邦議会では今日まで、連邦政府側の法案がひとつも承認されていないことなどで、2、3日に行われたダッタフォーリャの世論調査でのボウソナロ大統領への支持率は32%に下がり、不支持率が30%に上がった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ