fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日付アゴラ紙に、サンパウロ市南部ジャルジン・アンジェラのバス・ターミナルでは、鳩の糞があまりに多く、利用者からの苦情が相次いでいる、という記事が大きく掲載された。文字通り、きれいな話ではないが、この件の場合、問題なのは清掃の大変さや外観よりも、それらの糞が人々に病気をもたらす可能性があるということ。利用者が具体的に何らかの身体の異常を訴えた例はまだないが、それが起こってからでは遅い、というのもまた事実。同ターミナルの従業員によると、鳩のみならず、ゴキブリやネズミなども目撃されるというから、このターミナルのある地域全体の衛生環境を見直すべきかもしれない。
     ◎
 欧州チャンピオンズリーグで、レアル・マドリッド、ユベントスを相次いで破り、準決勝進出を決めたアヤックス(オランダ)が、旋風を巻き起こしている。攻撃の中心として評価が急上昇しているのは、ブラジル人選手ダヴィド・ネレスだ。左右両ウイング、中盤と複数のポジションをこなし、ゲームメイクも得点もできる器用な選手だ。6月開幕のコパ・アメリカに向け、頼もしい選手が育ってきた。
     ◎
 16日の夜、サンパウロ大都市圏で強い雨が降ったこともあり、17日午前9時現在のカンタレイラ水系の月間降水量が、早くも100ミリを超えた。4月の同水系の平均降水量は86ミリで、100ミリを記録すること自体、7年ぶりのこととなる。17日朝の貯水量も57・7%に上昇。安定水域といえる60%に、段々、近づいてきている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]