ホーム | ブラジル・グルメ | ア・ラ・カルテ・ミネイロ=聖市でミナスの醍醐味を味わう

ア・ラ・カルテ・ミネイロ=聖市でミナスの醍醐味を味わう

絶品のフェイジョアーダ

絶品のフェイジョアーダ

 メトロのサンジューダス駅から歩いて10分程、明るい黄色の建物が見える。店内に入ると広く落ち着いた雰囲気だ。
 聖市ブルックリン区で2006年に創業し、今では市内に3店舗を構える。サンジューダス店は2つ目で、1日あたり約180人が来店する人気店だ。
 創業者で店主のジョエル・オリベイラさんはミナス・ジェライス州の出身。以前はミナス料理店の単なる従業員だったそう。「セナドール・フィルミーノという町の生まれだけど、小さい町だから皆都会に出てミナス料理店を始めるんだよ」とジョエルさんは話した。
 州南東部にある人口7千人あまりの小さな町だが、1700年頃には人が住み始めた伝統あるところだ。

店内の様子

店内の様子

 店名の「ア・ラ・カルテ」とはメニューから1品ずつ注文する料理のこと。1品ずつじっくり味わってほしいという思いが込められている。またメニューには2、3人前の料理が多く見られる。家族や友人と楽しんで食事をしてほしいからだ。
 ジョエルさんのモットーは美味しい、安い、種類豊富だ。人気メニューは肉料理で、ミナス風に味付けにしているのが人気の秘密。ミナス名物のカシャッサも50種類以上を取り揃えており、常連客は好みのカシャッサを選んでカイピリーニャを注文するとか。
 取材日が水曜日だったことからフェイジョアーダを注文。2人前で62レアルだ。グツグツと煮立った壺がテーブルに置かれると、フェイジョン豆を煮込んだ甘い匂いが立ち込める。

ジュエルさんと娘のタリッタさん

ジュエルさんと娘のタリッタさん

 このお店のフェイジョアーダの特徴は、油抜きをした「ライチ(軽い)」なこと。一般的なのだと脂肪がたっぷりで胃に重かったり、塩味が濃すぎたりして、最後まで美味しく食べられないことも。しかし、ここのは塩っぱ過ぎず、味がしっかりしている。
 しかも分厚く柔らかい牛肉がたっぷりと入っており、ボリュームたっぷり。肉の旨味が強く感じられる。これがミナス風の醍醐味なのか。
 ジョエルさんは「これからもメニューを増やしていきたい。より多くの人が食事を楽しめるお店にしたい」と展望を語った。家族、友人、恋人、大切な人と暖かい食事を分け合ってみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店2019年7月6日 グラッサ・ミネイラ=日系人客が3割占めるミナス料理店  「うちのお客様は3~4割が日系人や日本人。ミナス料理が好きな日本人は多いのよ」――創業者のマリア・ダス・グラッサス・オリヴェイラ・ホシさんは、笑顔でそう語った。  「グラッサ・ミネイラ」は、メトロのサンタクルス駅から徒歩5分程度の好立地にある。店の外にも […]
  • セナが愛したふるさとの味=レストラン「オ・コンパードレ」2019年3月23日 セナが愛したふるさとの味=レストラン「オ・コンパードレ」  「セナが亡くなったすぐ後、世界中からファンがうちにやってきた。あの頃、セナの事務所が近くにあったこともあって、よく彼が食べに来ていたんだ。ファンたちはセナの愛した料理を味わい、そしてモルンビーの墓地に花を供えに行った」。レストラン「オ・コンパードレ」の経営者、マルコス・テンペ […]
  • 日本人ラッパーREI=ミナス州に捧げる応援歌2019年5月16日 日本人ラッパーREI=ミナス州に捧げる応援歌  ブラジルをテーマに日本で活動する日本人ミュージシャン「REI CAPOEIRAP」さんが、新曲『Minas On My […]
  • 2010年4月1日 第33回県連ふるさと巡り=リオ、ミナス街道をゆく=《終》=カシャッサ工場も訪問=各地の温かい歓迎に満足 ニッケイ新聞 2010年4月1日付け  コンセルバトーリアの民宿に宿泊する一行、ツアー4日目の晩はセレナータを聞きに街へと繰り出した。週末の夜はどこの街角でもセレナータ、セレスタ、ショーロが流れるこの街は、観光客で賑わう。 […]
  • ケンスタール=ほぼ日本産、食通うならせる霜降り牛2019年7月19日 ケンスタール=ほぼ日本産、食通うならせる霜降り牛  2006年に和牛肉の生産・販売を開始して以来、ケンスタール社(中矢レナト健二社長)は良質の肉を提供するため、餌や生育環境を工夫し、一頭一頭に細心の注意を注いで牛を飼育しているという。  「日常の世話だけでなく、獣医のチームによる医療および予防接種などを必要に応じて行 […]