ホーム | 連載 | 2018年度ブラジル日本交流協会生体験談 | ブラジル日本交流協会=「ブラジルで1年研修しませんか?」=2018年度研修生体験談=<3>=シャーマンに会いにブラジルへ 幸崎大樹

ブラジル日本交流協会=「ブラジルで1年研修しませんか?」=2018年度研修生体験談=<3>=シャーマンに会いにブラジルへ 幸崎大樹

インディオ部落にて。幸崎大樹(25、兵庫)ヤマト商事にて研修

インディオ部落にて。幸崎大樹(25、兵庫)ヤマト商事にて研修

 「よおオカマちゃん、早くケツ出せよ」―――研修先の伯人同僚との、そんなふざけた〝挨拶〟で一日が始まった。
 ブラジルに到着して3日。ヤマト商事での研修が始まり、ポルトガル語もよく分からないまま初日からレストランで客の注文をとることになった。伯人同僚たちに身振り手振りで助けてもらった。
 研修先の同僚とはすぐに友達になり、週末の仕事終わりには色々なところへ連れて行ってもらった。寝不足のまま翌日の研修へ向かう日々。伯人は陽気で感情豊か。困っている人に対してとても親切だ。渡伯前にもっていた印象と違わない。「VOCE QUE SABE!」となんでも好きなことをやらせてくれる。
 「とても良い国だ」と思っていた――。
 ところが、言葉も覚えてきて同僚が何を話しているか分かってきたある日。「大樹の仕事態度が悪いから職場から追い出してほしい」と言われていることを知った。
 表向きは愛想よく見えても、裏では僕への不満で溢れていた。
 私自身「ブラジルだし、同僚もやっているし、遅刻や仕事中の雑談も大丈夫だろう」という日本ではしないような気の緩め方をしていた。
 そんな私を同僚は「日本人だから優遇されていて、怠けてもクビにならない奴」と思っていた。
 「VOCE QUE SABE」というのは、何でも好きなようにやっていいという意味もあれば、自分の立場を知れという意味もあるのかもしれないと思った。
 ブラジル日本交流協会という団体を通して来ているため、11カ月間は研修することが決まっている。この不況下のブラジルで、遊び半分で働いている日本人の姿を見て彼らがどういう感情を抱くか―――。こんな当然のことに気づくのに4カ月もかかった。
 怠け者のレッテルをどう返上していくか悩み、同僚にアドバイスをもらって、仕事の仕方を見直した。同僚には本当に助けてもらった。
 そんな折、持病の潰瘍性大腸炎が再発した。これはまだ治療法が確立されていない病気で、発症したら一カ月は床を離れられない。
 研修は2か月間休むことになった。復帰後も体力の低下で思うように動けず、以前では楽しめていた冒頭のようなやりとりも気に障るようになり、無視を決め込むことが多くなった。
    ☆
 ブラジルには、植物や水など自然の力を使って不治の病を治すシャーマンがいる。インディオにとっての医者兼宗教家のような存在だ。
 シャーマンに会うことが僕のブラジルに来た目的の一つでもあった。
 持病の再発をきっかけに、シャーマンの存在を強く思い出し、計画の遅れを取り戻すように、休日の同僚の誘いを断りシャーマンと繋がりのあるインディオに会いにいった。インディオに会ったことで得たものは多かったが、その代償として同僚との関係は悪くなる一方だった。
 そしてある日、インディオを貶されたことで、互いに溜まっていた不満が爆発してケンカになった。その後、研修終了まで約一か月間、口も利かない状態になった。
 ケンカのことを気にしすぎても仕方ないと思い、研修最後にもらった一カ月の休暇では、アマゾンの森の奥にあるインディオの村を訪れた。念願の旅が叶った。
 ブラジルの西端アクレ州まで行き、そこからボートで8時間かけてやっと〝最果ての地〟に着いた。
 しかし、そこは想像と違い、WIFIの電波塔が建っていたし、テレビもあって日本のアニメNARUTOが大人気だった。想像していた「未開の地」はもうなかったが、日本人もびっくりな「おもてなし」が存在していた。
 ご飯もベッドも用意してあり、体調が悪いと言って早く寝ると、インディオのお父さんが枕元で子守唄を歌ってくれた。見ず知らずの者に対して、お金も受け取らずにこんなにもてなしてくれるのはどうしてだろうと戸惑い、文化人類学の本を読むとそこには「贈与」についての営みが書いてあった。
 「モノとモノ、言葉と言葉の交換によって、人は独りでは生きられない世界を他人との協力によって生きてきた」
 これも当たり前といえば当たり前のことだろうけれど、自分はこのことを見逃していたなと感じた。
 そして、ケンカ別れをした同僚とのコミュニケーションも自分から断ってしまっていたことに気づかされた。
 思えば私が病気になる前は、たくさん友達を紹介してくれて海にも連れて行ってくれた彼。そんなことも忘れて体調不良に気分が落ち込み、自分の世界に引きこもっていった私。
 帰国して一カ月たち、久々に彼と連絡をとると、互いの思いを伝えあうことができて、スマホを見ながら少し泣いた。
 〝最果ての地〟で体験したシャーマンの世界よりも、もっと身近にあって見逃していたこと。思いを伝え、言葉を交換することで人は生きてきたんだという当たり前のことに気づけたことが、今回のブラジル研修で得られた最も大きなものだった。
 今まで追い求めていたシャーマンの世界よりも神秘的なものは、人と人との関係の間にあるのかもしれない。こんなことを思いながら身近な人との会話ややりとりを大切にしていこう。帰国後の日本の生活に馴染みながらこの思いは手放さないでおきたい。
     ◎
 2020年度の研修生募集期間は7月31日まで。募集人数は15人程度。参加要件は、①2020年4月1日時点で成人している②高等学校卒業もしくはそれと同等以上の学力を有する③犯罪歴が無い④日本事務局が開催する募集説明会に参加していること。
 参加費用として100万円が必要で、半年間の派遣前研修を日本で受けてから渡伯となる。応募、詳細問い合わせは同協会HP(http://anbi2009.org/)から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2009年10月6日 アマゾンを拓く=移住80年今昔=【ベレン・トメアスー編】=《28》=32店舗誇る商業界の雄=7千人雇用の山田商会 ニッケイ新聞 2009年10月6日付け  一世の多くは農業に従事したが、二世以降の世代は弁護士、医師などの自由業、建築業、印刷業、農産加工業など多様な分野に進出した。その象徴が山田商会だ。北伯地方で「Y・YAMADA」を知らない人はいないといっていい。 […]
  • インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も2019年5月18日 インジオの伝統文化を体験=白熱の格闘技「ウカウカ」も  トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は「インディオツアー」を11日に実施した。駐在員やその家族ら24人が参加し、インジオの儀式を見学、体験して先住民文化に触れた。  普段はマット・グロッソ州のインジオ保護区「シングー国立公園」に暮らすインジオ部族「クイクロ族」が […]
  • インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉2019年2月19日 インディオから学び共生する戦後移民、山木源吉  「インディオは猿を食べる。どうやって食べるかといえば、そのまま焚火にくべて丸焼きにするんだ。最初、毛が焼ける臭いがして、腹がプクーッて膨らんで、ポンって弾ける。そのうち頭が焼けてきて、歯をむき出したような顔になるんだ。正直って食べる気しないけど、皆と一緒に食べたよ、も […]
  • ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆2019年5月14日 ■ひとマチ点描■海を越えた家族の絆  「NHK全国俳句大会」では、パラー州都ベレン市在住の下小薗秋風さんは海をまたいで俳句の競作を家族で楽しんでいる。今年の第20回大会では4人とも仲良く佳作に入選したという。  メンバーは下小薗さんと妻そのさん、茨城県に住む姉と鹿児島県に住む妹の四人だとか。 […]
  • 遠征資金への協力を呼びかけ=マナウスの野球チームを日本へ=ベネズエラ難民の子3人も2019年4月19日 遠征資金への協力を呼びかけ=マナウスの野球チームを日本へ=ベネズエラ難民の子3人も  アマゾナス州のマナウスカントリークラブ内に近頃、「ブラジル・アマゾンから野球少年を日本へ誘致する会」が立ち上げられ、日本へ野球遠征資金を集めるために「クラウドファンディング」を募っている。これはインターネット経由で広く呼びかけ、共感した人から資金を集める方法だ。サイト […]