ホーム | 日系社会ニュース | 各地の在外公館で祝賀記帳=新天皇陛下ご即位を祝す

各地の在外公館で祝賀記帳=新天皇陛下ご即位を祝す

08年の移民百周年で来伯された時の皇太子殿下

08年の移民百周年で来伯された時の皇太子殿下

 5月1日に新天皇陛下がご即位することを祝し、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰総領事)では5月7日(火)、8日(水)、9日(木)の3日間にわたって「新天皇陛下御即位に係る祝賀記帳」を受付ける。場所は同館(Avenida Paulista, 854)の3階多目的ホール、時間は午前10時から午後5時まで。身分証必須。
 1991年に立太子の礼をして正式に皇太子殿下になられた徳仁(なるひと)親王は、5月1日から126代目天皇陛下に即位される。日本が新たな「令和」時代を迎えることを受け、世界各国の在外公館で祝賀記帳所が設置される。
 当日は同館のビル受付で身分証の提示が求められる。記帳には名前と、希望者はメッセージを記載することも可能。記帳は後日、日本の宮内庁へ送られる。
 伯国内の各在外公館でも祝賀記帳を受付けている。期日は異なるが、いずれも5月上旬の数日間。祝賀記帳に関する詳細問合せは各公館まで。
【在ブラジル日本国大使館】日時=5月7日(火)、8日(水)、9日(木)午前10時~正午、午後2時~同5時、場所=同大使館
【在リオ日本国総領事館】日時=5月7日(火)、8日(水)、9日(木)午前9時~正午、午後2時~同5時、場所=同総領事館広報文化センター(総領事館のビル6階)
【在クリチバ日本国総領事館】日時=5月2日(木)、3日(金)、7日(火)、8日(水)、9日(木)午前9時~正午、午後2時~同5時、場所=同総領事館事務所
【在レシフェ日本国総領事館】日時=5月2日(木)、3日(金)、6日(月)、7日(火)、8日(水)、9日(木)午前10時~正午、午後1時半~同5時、場所=同総領事館
【在マナウス日本国総領事館】日時=5月6日(月)、7日(火)、8日(水)午前9時~午後5時(入館は午後4時45分まで)、場所=同総領事館多目的ホール
【在ベレン領事事務所】日時=5月7日(火)、8日(水)、9日(木)午前10時~正午、午後2時~同5時、場所=同領事事務所
【在ポルト・アレグレ領事事務所】日時=5月2日(木)、3日(金)、7日(火)、8日(水)、9日(木)午前9時~正午、午後2時~同5時、場所=同領事事務所

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • MUFGバンク=ブラジルで1世紀、発展誓う=木下頭取帰任、後任は福元氏2019年7月26日 MUFGバンク=ブラジルで1世紀、発展誓う=木下頭取帰任、後任は福元氏  ブラジル進出100周年の節目を今月迎えて「日本開発経験研究プログラム(フジタ・ニノミヤチェア)」に寄付を表明したMUFGバンク(ブラジル)。その木下誠頭取(54、熊本県出身)は5年間のブラジル勤務を終え8月2日付で退任・帰国となり、その後任には福元信義頭取兼法人営業部 […]
  • 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増2019年8月20日 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増  ブラジルでは今年上半期の博物館、美術館の来館者が増えており、三つの博物・美術館では動員数の新記録も更新した。  国内の主要博物・美術館40館の観客数を調べたところ、上半期は37館で来館者が増えたという。これら40館の来場者数の総数は過去4年間の平均より50%多く、昨 […]
  • 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】歴史=本部竣工から50年で180万人=青年布教団が拡大の転換点に2019年6月5日 【世界救世教ブラジル宣教本部竣工50周年】歴史=本部竣工から50年で180万人=青年布教団が拡大の転換点に ▼第一歩は中村嘉寿衆議  ブラジルの地を踏んだ最初の救世教信徒は、中村嘉寿(かじゅう)衆議院議員だったという記録がある。中村衆議は、終戦後に日本移民を再開すべく、日本政府から伯国へ派遣された内の一人だった。  また1954年には、全世界へ布教の準備を進める岡田茂吉師 […]
  • 令和元年=23個人・団体に外務大臣表彰=日本語教師、ABRAC会長ら=「多くの人の協力あってこそ」2019年7月16日 令和元年=23個人・団体に外務大臣表彰=日本語教師、ABRAC会長ら=「多くの人の協力あってこそ」  令和元年、2019年度の外務大臣表彰受賞者の23個人・団体が発表された。受賞した山下治さん(83、福井県)は「長年移住地で頑張ってきて、少しは役立てたと思うが表彰される資格なんてない」と謙虚に喜びを述べつつ「今は下の世代に任せている。次世代はより活気のある地域を作ってほしい」 […]
  • 東西南北2019年5月23日 東西南北  第4地域裁が人身保護令適用を却下したため、労働者党(PT)党首やルーラ政権の官房長官も務めたジョゼ・ジルセウ氏が17日に再逮捕されたが、クリチバ近郊の刑務所での同室者が、前下院議長のエドゥアルド・クーニャ氏であることがわかった。一方はメンサロン事件の主犯として実刑判決を受け、 […]