fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も

サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も

 サンパウロ州は2020年から、学校の休みの時期を分散し、7月の休みを2週間に短縮するなどの新しい試みを行う。27日付現地紙が報じている。
 現状では、サンパウロ州内の州立校の休みは、夏季(12月~1月)が45日間で、2月第1週の月曜に新学期開始。冬季の休みは7月に30日間で、8月の頭に新学期がはじまることになっている。
 これが2020年以降は、1月は現状通り休みだが、7月の休みを2週目と3週目の2週間のみとし、前期の中間となる4月と後期の中間となる10月に1週間ずつの休みを入れるという。来年12月は、22日まで授業を行う予定だ。4月と10月の休みがどの週に入るかは、まだ決められていない。
 ロシエリ・ソアレス教育局長によると、この変更の目的の一つは、「長期間、学校を離れることによって習熟したものを損なう可能性」への対策だという。
 さらに、1週間の短い休みを入れていくことで、サンパウロ州から近場のところの観光を活性化させたいという意向もあるという。
 この変更は、各市とも調整する必要があるが、教員、学校職員の休みには影響はないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見2020年10月27日 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見  サンパウロ州市警が26日、内陸部バレットス地方で「デスモンテ(解体)作戦」を敢行し、車を盗んで解体・改造を繰り返し、ぼろ儲けしていた犯罪組織を摘発した。  「デスモンテ作戦」の対象となったのは、サンパウロ州内の7市(フランカ、グアイーラ、イツヴェラヴァ、ジャルジノー […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で2020年10月27日 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で  サンパウロ市市長選候補のフィリペ・サバラ氏が25日夜、所属政党からの追放と副候補の撤退を理由に出馬資格失格の処分を受けた。26日付現地紙が報じている。  これは24日に、サバラ氏の所属政党だったノーヴォが、副候補のマリア・エレーナ氏が選挙から引き上げることを理由に、シャッパ […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]
  • 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?2020年10月27日 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?  有名エコノミストのセルソ・ミンギ氏は10月16日付エスタード紙のコラムの見出しに《中国はすでに世界一の経済》と書いた。  その本文冒頭にも《重要な経済指標の一つによれば、米国はすでに世界一ではない。中国はすでに国内総生産(GDP、ポ語はPIB)で凌駕した。最大である […]