ホーム | 日系社会ニュース | 日本国大使館=連邦直轄区政府に物資協力=新型コロナ対策で一丸に

日本国大使館=連邦直轄区政府に物資協力=新型コロナ対策で一丸に

山田彰在ブラジル大使とヘナッタ・ズキン直轄区政府国際課長

山田彰在ブラジル大使とヘナッタ・ズキン直轄区政府国際課長

 在ブラジル日本大使館は9日、連邦直轄区政府(GDF)の主導で実施されている「GDF・大使館一丸となろう対Covid―19キャンペーン」に協力するため、アルコールジェル240本、食器用洗剤192本、洗濯用液体洗剤48本、マスク250枚をGDFへ寄付した。
 物資の受け渡しに立ち会った山田彰在ブラジル大使は、「多くの人が困っている今、GDFと協力できてうれしい。全ての人が協力すればきっとこの危機を克服できるでしょう」と述べると共に、ブラジリア首都移転60周年を祝い、「パンデミック克服後に、きっと盛大に祝うことができるでしょう」との希望を語った。
 在ブラジル日本大使館の協力に対し、ヘナッタ・ズキンGDF国際課長は、「日本国大使館は常にGDFや管区の住民に協力的で良いパートナーです」と感謝とともに良好な関係を示した。
 同キャンペーンは5月20日から開始された、連邦直轄区内の貧困層へ食料や新型コロナウイルス感染症予防のための物資支援を行うキャンペーン。大使館や館員個人から寄付金を集めて支援物資を購入したという。
 同大使館は広報を通して「連邦直轄区政府をはじめとする関係機関との連帯を深めつつ、できる限りの協力を行って参ります」と述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に2020年7月7日 ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に  農業機製造会社JACTO社(本社=サンパウロ州ポンペイア市)は5月、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、憩の園、希望の家、こどものその、サンタクルス病院、日伯援護協会の日系6団体に噴霧器を寄付した。  寄付された噴霧器の本来の使用方法は、農場などの害虫駆除で使用される […]
  • 県連代表者会議=日本祭り来年7月9日から=会場費等は来年に持ち越し2020年7月3日 県連代表者会議=日本祭り来年7月9日から=会場費等は来年に持ち越し  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)の「6月度代表者会議」が先月25日、オンラインアプリ「ZOOM」で行なわれ、各県人会代表者のみならず役員や青年部を含めた65人が参加、ポルトガル語のみでの開催となった。  当日は、9月予定のオンライン日本祭り及び来年開催 […]
  • 埼玉・宮城県人会が寄付=福祉団体にマスク1500枚等=「今こそ団結する時!」2020年7月4日 埼玉・宮城県人会が寄付=福祉団体にマスク1500枚等=「今こそ団結する時!」  「このコロナ災禍で、各所大変な中、皆で何ができるか考え、福祉団体への支援に決まりました。わずかですが、この寄付で少しでも助けになれば嬉しいです」―今回の高齢者福祉施設への寄付を立案したブラジル埼玉県人会の吉田章則会長(47歳、埼玉県)はそう語った。新型コロナウイルスに […]
  • 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」2020年7月1日 野口在聖総領事が7月帰朝=「日本で日系人の活躍発信する」  「ブラジルで一番心に残っているのは、やはり移民110周年に眞子内親王殿下にお越し頂き、訪問先の日系社会との交流を間近で拝見できたことです。皇室はブラジル日系社会にも目を向け、日系社会からも皇室に対する尊敬の念が深いことを実感させられました。相互の絆は本当に根強いと思い […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]