ホーム | コラム | 樹海 | 日常生活を通して伝わる文化

日常生活を通して伝わる文化

 スーパーで買い物中、狭い通路の先に日系人の婦人が立ち止まるのが見えた。通路に入って来られるようカートを止めると、「お先にどうぞ」と手招いてくれたので、お辞儀しながら通路を抜けたら、肩を叩かれ、「繊細ね~。日本人だわ」と言われた▼日本人なら、一旦止まって待つ事やお辞儀は当たり前。だが、そんな些細な行為が目に留まったのだと気づいた時、外国人に日本の文化や習慣を紹介する映像の中に、横断歩道を渡り終えた小学生達が運転手にお辞儀する様子や、放課後の校内清掃の様子を映したビデオがあった事を思い出した▼知人の孫が空手を習い始め、挨拶の言葉に日本語が増えた事や、「礼!」の形のお辞儀が増えた事も、日常生活の中の日本文化を感じさせる。知人の子供達は以前、NHKが日系人のバンド(楽団)を探していると言われ、伯国の曲を演奏しに行った。その際、日本の曲も知っていると聞いた担当者に美空ひばりの曲なども弾くよう頼まれた上、「どこで日本の曲を覚えたのか」と訊かれたという。知人の長女は、「母のおなかの中にいた時から聞いていた」と答えたそうだ。これは、親や周囲の人が言葉や態度、行動で伝える文化や習慣が多々ある事を示している。知人の子供達(三世)は童謡や唱歌も一般の日系人以上に良く知っているが、知人は本まで探して歌い聞かせていたという▼残念ながら、我が家では孫と一緒にいる時間が減り、童謡を聴かせる機会が少なくなったが、自宅では親が好きな日本のアニメ主題歌などを一緒に歌っているとか。大上段に構えず、日常生活の中で触れ、見聞きする事で伝わる文化の大切さに思いを馳せた事だった。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]
  • チームワークの大切さ2019年5月16日 チームワークの大切さ  15日朝、自宅にエスタード紙が届かず、不配の苦情電話を入れた。最初は「配達が遅れているが7時半までに届く」というので、待っていたが届かず。もう1度電話したら、「午後2時までに届ける」という▼このやり取りで、学生時代(日本)に新聞配達をやっていた時の経験を思い出した。天候に関係 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]