ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ大統領=新サーキットの名前はアイルトン・セナ?=「親父の立場は?」とピケの息子が反論

ボウソナロ大統領=新サーキットの名前はアイルトン・セナ?=「親父の立場は?」とピケの息子が反論

 8日、既にサンパウロのインテルラゴス・サーキットで開催が決まっていのに、「2020年のF1ブラジルGPはリオで開催」と発言し、混乱を巻き起こしていたボウソナロ大統領が、リオの新サーキットの名前を「アイルトン・セナにする」とも発言していたことで、もう一人のF1の英雄、ネルソン・ピケの息子から苦情を受けた。
 大統領の発言は8日のツイッターで「現在、リオに建設中のサーキットにはアイルトン・セナの名を冠する予定だ」と発言した。セナはサンパウロで生まれ育ったことで知られるレーサーだ。
 それを知った、80年代のブラジルのもう一人の世界王者レーサー、ネルソン・ピケの息子のネルソン・ピケ・フィーリョ(33)が、この発言をリツイートし、「リオにF1が戻ってくるのは素晴らしいけど、なんで、ジャカレパグア・サーキットについていた名前を変える必要があるんだい? あそこは親父の名前がついていたんだよね」と反論した。
 さらに「ブラジルの世界レーサーは、セナしかいないと思ってるんじゃないの。理解できないな」と締めくくった。
 ネルソン・ピケはリオが生んだレーサーで、F1選手権で3度、ドライバーズチャンピオンに輝いている。
 ジャカレパグア・サーキットは1980年代にリオでF1レースが行われた時の会場だが、リオ五輪の際、バーラに五輪施設を建設するために取り壊された。
 なお、ボウソナロ大統領は8日にリオ市長やリオ州知事と共にデオドーロのサーキット建設に関する覚書にサインしたが、新しいサーキットの建設予算は6億9740万レアルで、建設には2年を要する見込みだから、2020年のF1には間に合わない。(10日付フォーリャ紙サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]
  • 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調2020年3月27日 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調  【既報関連】新型コロナウイルスの感染が広がり、連邦政府の言動と知事達の採る方策の食い違いなどが物議を醸しているが、実際に感染し、苦しんだ患者達が、自らの体験を通して隔離の必要性などを訴えている。  26日付G1サイト掲載の証言者の一人は、ゴイアス州リオ・ヴェルデ在住のヴェラ […]
  • コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により2020年3月28日 コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の自動車工場が操業停止中もしくは停止に踏み切ることを決めていると、27日付現地サイトが報じている。    全国自動車工業会(ANFAVEA)によると、国内にある65カ所の自動車、バス、トラック、農業機械の製造工場全てが操業を停止すると […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も2020年3月26日 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者急増で、24、25日にはブラジル北部と南部でも死者発生と24、25日付現地紙、サイトが報じた。  24日夜発表の州保健局の集計は、感染者2271人、死者47人(保健省発表では2201人と46人)だった。  感染者最多はサンパウロ […]
  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]