ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ大統領=新サーキットの名前はアイルトン・セナ?=「親父の立場は?」とピケの息子が反論

ボウソナロ大統領=新サーキットの名前はアイルトン・セナ?=「親父の立場は?」とピケの息子が反論

 8日、既にサンパウロのインテルラゴス・サーキットで開催が決まっていのに、「2020年のF1ブラジルGPはリオで開催」と発言し、混乱を巻き起こしていたボウソナロ大統領が、リオの新サーキットの名前を「アイルトン・セナにする」とも発言していたことで、もう一人のF1の英雄、ネルソン・ピケの息子から苦情を受けた。
 大統領の発言は8日のツイッターで「現在、リオに建設中のサーキットにはアイルトン・セナの名を冠する予定だ」と発言した。セナはサンパウロで生まれ育ったことで知られるレーサーだ。
 それを知った、80年代のブラジルのもう一人の世界王者レーサー、ネルソン・ピケの息子のネルソン・ピケ・フィーリョ(33)が、この発言をリツイートし、「リオにF1が戻ってくるのは素晴らしいけど、なんで、ジャカレパグア・サーキットについていた名前を変える必要があるんだい? あそこは親父の名前がついていたんだよね」と反論した。
 さらに「ブラジルの世界レーサーは、セナしかいないと思ってるんじゃないの。理解できないな」と締めくくった。
 ネルソン・ピケはリオが生んだレーサーで、F1選手権で3度、ドライバーズチャンピオンに輝いている。
 ジャカレパグア・サーキットは1980年代にリオでF1レースが行われた時の会場だが、リオ五輪の際、バーラに五輪施設を建設するために取り壊された。
 なお、ボウソナロ大統領は8日にリオ市長やリオ州知事と共にデオドーロのサーキット建設に関する覚書にサインしたが、新しいサーキットの建設予算は6億9740万レアルで、建設には2年を要する見込みだから、2020年のF1には間に合わない。(10日付フォーリャ紙サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始2019年7月12日 サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始  サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者) […]
  • 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火2019年7月11日 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火  サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。   3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能 […]
  • U17W杯組み合わせ抽選会行われる=ブラジル対カナダ戦で幕開け2019年7月12日 U17W杯組み合わせ抽選会行われる=ブラジル対カナダ戦で幕開け  国際サッカー連盟(FIFA)は11日、10月26日から11月17日までブラジルで開催される男子U17W杯(2002年1月1日以降生まれの選手に出場資格あり)の組み合わせ抽選会を行った。同日付ブラジルスポーツニュースサイトが報じている。  大会には開催国のブラジルを含む24チ […]
  • 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か2019年7月5日 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は3日、サンパウロ大都市圏のABC地区にモノレール線を建設する計画を諦め、代替案としてBRT(高速バス)を走らせると発表した。4日付現地紙が報じている。  ABC地区へのモノレール線(モノレール線18号)建設計画は2009年に浮上。計画上で […]
  • 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末2019年7月6日 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末  サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。  事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん( […]