ホーム | コラム | オーリャ! | 反応が大胆な映画鑑賞者

反応が大胆な映画鑑賞者

 来伯して1か月、先日初めて映画館に行った。「世界最大の日系社会があるのだから、日本語の吹き替えや字幕がついた映画が上映されているのでは」と期待して探したが見つからなかった。
 仕方なくポ語字幕がついたアメリカ映画を選び、チケット窓口では携帯の翻訳アプリを使ってやり取りして、どうにか買った。
 詳細は分からないが素晴らしい映画だった。だがそれよりも観客のダイナミックな反応に驚いた。登場人物のジョークに大きな笑い声が起こり、主人公の窮地に仲間が助けに来ると、歓声と拍手が巻き起こる。
 スポーツの試合を生で観ているようだった。日本なら「映画に集中できない」と周りから苦情が出るかもしれない。だが、感動の場面で周囲も同じように感じているのが分かると、共感が深まり、1人で観る以上に心を動かされたように思えた。
 日本では周囲の邪魔にならないように笑い声を抑え、ひっそりと観ていた。だが、それがなんだか恥ずかしくなった。(大)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • □コロナ禍緊急日誌□2020年3月25日 □コロナ禍緊急日誌□  印刷版が一時停止になった本日付から、随時でこの欄を始めることにした。通常は20人近くがガヤガヤと仕事をする編集部だが、今週から大半が在宅勤務となり、現在はわずか3人のみ。  州知事の外出禁止令を受け、リベルダーデ区のレストランも全て閉店。わずかに丸海、ブエノ、海鮮、金沢、小 […]
  • ブラジルに怒り魅せられた旅2019年11月20日 ブラジルに怒り魅せられた旅  14日夜、翌日からの連休を利用し、旅行しようとサンパウロ市のチエテ・バスターミナルへ向かった。友人から「ターミナル近くの歩道橋が崩落し、大渋滞になっている」と知らせがあり、コラム子はメトロを使ってターミナルに移動した。  歩道橋崩落の影響でバスは発車予定時刻になっても来ない […]
  • いつから文協大講堂が「大聖堂」に?!2019年10月10日 いつから文協大講堂が「大聖堂」に?!  日本の演歌歌手・北山たけしが4日にサンパウロ市の日伯友好病院を訪問し、イペーを植樹した。1984年に北島三郎も同病院敷地内にイペーと桜の植樹を行ったこともあってか、日本のスポーツ新聞サイトでも報じられた。  だがそれらの記事をみると、6日に開催された「移民111周年記念スペ […]