ホーム | コラム | 樹海 | ボウソナロ家の新たな「奇遇」

ボウソナロ家の新たな「奇遇」

カルロス氏のガン・クラブでの写真(本人のインスタグラムより)

カルロス氏のガン・クラブでの写真(本人のインスタグラムより)

 まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事実を報じた。これはカルロス氏自身のインスタグラムで16日現在でも2枚の写真と1つの動画で確認されることで、そこには「38」の公式インスタのリンクまでが貼られてさえもいる▼これの何が驚きかと言うと、このガン・クラブは、昨年9月6日に、当時大統領候補だったボウソナロ氏をミナス・ジェライス州ジュイズ・デ・フォラでキャンペーン中に同氏の腹部を包丁で刺した犯人アデーリオ・ビスポ容疑者が、射撃訓練を行なっていたとされるのと同じところだったからだ。しかもカルロス氏が到着する2日前からそこに通いはじめていたという

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]
  • ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?2019年4月19日 ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?  日本でチョコレートが最も消費される日と言えば、日本人なら誰もが「それは2月14日のバレンタインデーだ」と答える。だが、それは日本独自のもの。ブラジルを含む欧米社会では「チョコレートを食べる」といえば「パスコア」、英語風に言うなら「イースター(復活祭)」の日だ▼そのパス […]