ホーム | コラム | 樹海 | ボウソナロ家の新たな「奇遇」

ボウソナロ家の新たな「奇遇」

カルロス氏のガン・クラブでの写真(本人のインスタグラムより)

カルロス氏のガン・クラブでの写真(本人のインスタグラムより)

 まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事実を報じた。これはカルロス氏自身のインスタグラムで16日現在でも2枚の写真と1つの動画で確認されることで、そこには「38」の公式インスタのリンクまでが貼られてさえもいる▼これの何が驚きかと言うと、このガン・クラブは、昨年9月6日に、当時大統領候補だったボウソナロ氏をミナス・ジェライス州ジュイズ・デ・フォラでキャンペーン中に同氏の腹部を包丁で刺した犯人アデーリオ・ビスポ容疑者が、射撃訓練を行なっていたとされるのと同じところだったからだ。しかもカルロス氏が到着する2日前からそこに通いはじめていたという

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]