ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》ドリア知事「州立大学は削減しない」=ボウソナロ大統領と対象的発言

《サンパウロ州》ドリア知事「州立大学は削減しない」=ボウソナロ大統領と対象的発言

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事(民主社会党・PSDB)は17日、「サンパウロ州の州立大学に関しては支出を削減することはない」と発言した。18日付現地紙が報じている。
 これはサンパウロ市のバンデイランテス宮で行われたイベントでの発言だった。そこにはドリア知事の他に、セルジオ・サー・レイトン教育局長、サンパウロ総合大学(USP)のヴァアン・アゴピアン学長も参加していた。
 アゴピアン学長は、質問に答え、USPをはじめとする州立大学は「知事令で独立性が認められており、従来通り研究活動を継続する」と発言。
 これに続き、ドリア知事も、「USP、サンパウロ州立大学(UNESP)、カンピーナス総合大学(UNICAMP)に関する支出削減は行わない」と言い切った。
 ドリア知事の発言は、15日に全国170市で起きた連邦大学への支出3割削減などに抗議するデモに関し、ボウソナロ大統領が「特定の思想に操作されて起こったものだ」と発言したのと同じ日に行われている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開2019年6月22日 サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開  サンパウロ市市警は19日、9日に俳優のラファエル・ミゲルさん(22)とその両親を殺害したパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(48)が変装して逃亡している可能性を想定した8枚の手配写真を公表した。20日付現地紙が報じている。  マチアス容疑者は、自身の17歳の娘がラファエル […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]
  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • オバマ前大統領=サンパウロ市で講演会を行う=舞台裏ではペレとも対面2019年6月1日 オバマ前大統領=サンパウロ市で講演会を行う=舞台裏ではペレとも対面  5月30日、米国のバラック・オバマ前大統領がサンパウロ市で講演会を行い、「サッカーの神様」ことペレとの再会も果たした。5月30日付現地紙サイトなどが報じている。  オバマ氏が大統領退任後にブラジルを訪れるのはこれが2度目で、今回は、電商取引に関する国際イベントの「VTEXデ […]
  • サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場2019年6月11日 サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場  サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。  これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的 […]