ホーム | 日系社会ニュース | キム・カタギリ=戦国武将、片桐且元の末裔?=移民史料館でルーツを明かす=「日系社会のために尽くしたい」

キム・カタギリ=戦国武将、片桐且元の末裔?=移民史料館でルーツを明かす=「日系社会のために尽くしたい」

移民史料館を訪問したカタギリ氏(撮影・Aldo Shiguti)

移民史料館を訪問したカタギリ氏(撮影・Aldo Shiguti)

 来月1日に連邦下議に就任するキム・カタギリ氏(22、三世)は今月17日、文協ビルを訪問した。ブラジル日本移民史料館を初めて視察した同氏は、「戦国武将、片桐且元の家系の末裔」とのルーツを明かし、家族の移民体験を振返った。当選以来、聖州唯一の日系議員として引っ張り蛸となっているカタギリ氏は、日系社会への支援は「議員としての義務」のと位置づけ、支援してゆく考えを明らかにした。

 ブラジル自由運動(MBL)の共同創設者の一人で、弱冠22歳にして46万5310票を獲得して初当選した。先月刊行された雑誌『フォーブス』では「30歳未満で最も影響力ある若手伯人10人」に選ばれている注目の若手日系人だ。

 同氏は、父・パウロ・アツヒロさん(長野県系二世)と伯人の母との間にサウト市で生まれた。幼少期には日系団体で野球チームに所属したほか、奈良県人会員である義姉に誘われ、同会活動にボランティアで参加するなど、日系社会との繋がりがあった。
 移民史料館を初訪問したカタギリ氏は「以前から訪問したいと思っていた。初期移民の苦労に始まり、日本人移民が歩んできた浮き沈みを知ることができた。非常に有意義な経験となった」と所感を語った。
 「移民した祖母あやこからは、開拓地では互いに支えあって暮らし、兄弟が学校に行けるよう働いて家計を支え、夜は蝋燭の明かりを頼りに勉強したと聞いている」と話し、祖母の足跡を振返った。

片桐東市正且元(落合芳幾画「太平記英勇伝七十五」より、Utagawa Yoshiiku [Public domain])

片桐東市正且元(落合芳幾画「太平記英勇伝七十五」より、Utagawa Yoshiiku [Public domain])

 自らのルーツについては「一族のなかで歴史に名を残しているのが片桐且元。父や叔父からは且元の話をよく聞かされたよ」と滔々と語る。
 且元は、賤ヶ岳の戦いで功名を上げた賤ヶ岳七本槍の一人。豊臣家の直参家臣だったが、秀吉死後に徳川家康に接近。方広寺鐘銘事件を機に内通を疑われ、大阪城を出て徳川方に転じた人物だ。
「秀吉死後、徳川家との折衝役となり和平を保とうと唯一画策した人物だった」という。通説では大阪の陣から20日後に病死したとされるが、「豊臣方の敗北を知り自刃したと聞いている」と一族から聞き伝えられた逸話も披露した。
 来月1日に連邦下議に就任する同氏は「若者でありながら、46万票を獲得して当選した身として大きな責任を痛感している。今回当選した議員には期待が託されている。もし有権者を失望させることがあれば、それは政治家の存在そのものに対する信頼の失墜に繋がる」と背筋を正し、下院議会議長選にも意欲を示した。
 さらに「日系社会のために尽くすことは、喜びであり名誉でもある。聖州唯一の日系連邦議員であり、その責任を重く受け止めている。日系社会からの要望に応えながらやっていきたい」と意気込んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ