ホーム | Free | 幸福の科学=正心館落慶9周年式典26日=千手副理事長が来伯講演

幸福の科学=正心館落慶9周年式典26日=千手副理事長が来伯講演

来社した一行

来社した一行

 宗教法人幸福の科学(大川隆法総裁)のブラジル本部(村田健治本部長)は、「ブラジル正心館落慶9周年記念式典」を26日(日)午前10時から午後1時まで、同館(Rua Domingos de Morais, 1154, Vila Mariana)で行う。参加費は無料。
 今回は特別に、日本から千手真理子副理事長が来伯して慶祝の挨拶を行う。講演の後にはニョッキや菓子なども販売され、食事も楽しめる。
 来社した村田本部長らは「信者かどうかにかかわらず、多くの方に感謝を伝えたい」と来館を呼びかけた。
 同館は日本国外で最大の拠点。地下2階から地上4階まであり、約600人が収容可能なドーム型の礼拝堂には、金色に輝く本尊エル・カンターレが安置されている。
 問い合わせは同館(電話=11・5088・3800)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 幸福の科学ブラジル本部が26日に行う「ブラジル正心館落慶9周年記念式典」について、同館館長も務める村田本部長は「私達が感謝を伝えることで、皆が生きていることの素晴らしさに気付き、感謝の気持ちが芽生える。そして皆が感謝の気持ちを大きく育てることで、ブラジルをより良い国にできたら嬉しい」とにこやかに話した。村田本部長は終始穏やかな笑顔。同館は普段から一般に開放されているので、日常の忙しさや疲れから離れるために訪ねてみても良いかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2013年5月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年5月9日  文協木多体制は3期目に突入した。選挙への関心も低く「どうぞ勝手にやってチョーダイ」と思っている向きも多いのではないだろうか。同じく単一シャッパで続投を決めた原田清評議員会長に手を引き上げられる形で勝利のこぶしを掲げる無表情の木多会長の姿は、2 […]
  • 泥まみれの高速道路で玉突き事故 サンパウロ市2003年7月3日 泥まみれの高速道路で玉突き事故 サンパウロ市 7月3日(木) […]
  • 《ブラジル》ミナス州マリアナ=鉱滓ダム決壊から4年=市役所の財務状況が改善2019年11月5日 《ブラジル》ミナス州マリアナ=鉱滓ダム決壊から4年=市役所の財務状況が改善  2015年11月5日に起きた、ミナス州マリアナ市でのサマルコ社の鉱滓ダム決壊事故から丸4年が経ち、同市市役所が財務状況好転との報告書を初めて出したと4日付現地紙サイトが報じた。  3900万立方メートルに及ぶ鉱滓流出の爪あとは現在もまだ色濃く残り、賠償責任や刑事責任 […]
  • 大耳小耳2019年9月5日 大耳小耳  トメアスー日本語学校は生徒からの月謝と文協の資金を財源としているが、生徒数の減少により決して潤沢ではない。スキルアップのためにサンパウロの講座を受けたくても、厳しいのが実情だ。今年6月末に決まり、海外日系社会の日本語教育支援も盛り込まれている『日本語教育推進法』を利用して解決 […]
  • 第41回山本喜誉司賞=農業人生に夢と誇り持ち=興梠、竹原、中隈3氏に2011年12月2日 第41回山本喜誉司賞=農業人生に夢と誇り持ち=興梠、竹原、中隈3氏に ニッケイ新聞 2011年12月2日付け […]