ホーム | 日系社会ニュース | 野球=JICAチームが初対戦=現地クラブに2戦圧勝=「日本人らしいプレー見せる」

野球=JICAチームが初対戦=現地クラブに2戦圧勝=「日本人らしいプレー見せる」

18日に対戦した両チーム

18日に対戦した両チーム

 独立行政法人国際協力機構(JICA)ブラジル事務所(佐藤洋史所長)は、アニャンゲーラ日系クラブ(竹田クラウジオ会長)及びインダイアツーバ日伯文化体育協会と共催で、JICAチームと伯国野球チームの国際親善試合を18、19日に行った。18日は同クラブチームと野球で対戦、19日は同協会チームとソフトボール(塁球)で対戦し、2戦ともJICAチームが勝利を収めた。JICA指導者がチームを作って地元クラブと対戦するのは、今回が初めて。

 JICAは伯国内7州15都市に野球指導者として日系社会青年海外協力隊員を派遣している。その15人の青年隊員が集まって、子ども向け野球教室をする企画が持ち上がり、どうせ集まるならと模範プレイを見せるための試合をすることになった。
 18日は朝から降り続く雨が止まず、試合の開始遅延が発表され、午後に予定されていた聖市及びカンピーナス市近郊の野球チームに所属する子供向けの野球教室を前倒しで行うことになった。約90人の子供らが参加し、野球技術や練習方法の指導が行われた。
 午前10時すぎに開会式が行われ、野口泰在聖総領事、佐藤所長、竹田会長らが挨拶を述べた。午後には天候が回復したため、急きょ試合が行われた。普段はアマゾナス州マナウス市で野球指導を行っている宮田瑠星さん(24)は「日本人のチームなので、礼儀や規律といった日本人らしい野球を見せたい」と意気込みを見せた。
 対戦相手のアニャンゲーラ日系クラブは、キューバ出身の元プロ選手を指導者として招くなどしており、国内最高峰の野球大会「COPA TOYOTA」で準優勝も果たした強豪チーム。
 午後3時に試合開始、JICAチームの攻撃から始まった。1回表、JICAは先頭打者が初球を二塁打で捉え出塁。2番、3番も安打で続き、先制点を取った。しかし同回裏、伯国は二者連続本塁打で一挙3点を奪い逆転。
 2回表、JICAは2本の本塁打などで再び逆転、さらに追加点を奪い、相手投手をマウンドから引きずり下ろした。その後は伯国の攻撃を凡打で打ち取り、追加点を与えなかった。試合開始が遅れたことから4回で試合終了。8対3、JICA勝利で幕を閉じた。

本塁打を放った森清さん

本塁打を放った森清さん

 2回表にダメ押しの3ラン本塁打を放ったJICA主将の森清将史さん(26)は「プレー中の声かけ、劣勢からの立て直しなどチームで支え合って粘り強い日本人らしい野球ができた」、また本塁打については「優勢で流れも良かったので、思い切り振った」と試合を振り返った。
 19日、JICAは同協会チームと塁球で対戦し、13対0で完封勝利を収めた。同日の子供向け野球教室では約120人が参加した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 首都公邸で「自衛隊の日」=伯国3軍の将官400人が祝う2019年6月19日 首都公邸で「自衛隊の日」=伯国3軍の将官400人が祝う  ブラジリアの日本国大使館公邸で12日昼、「自衛隊の日」を祝うパーティが行われた。山田彰大使と溝田繁久防衛駐在官の主催で、ブラジル3軍の将官らが来賓として招待され、400人以上が集まった。  当日は、日本との良好な関係構築と日伯防衛当局間の相互理解の促進に貢献のあった […]