ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領刺傷事件の容疑者を精神疾患と判定=罪に問われず、治療施設へ

《ブラジル》大統領刺傷事件の容疑者を精神疾患と判定=罪に問われず、治療施設へ

 ミナス州ジュイス・デ・フォーラ市の連邦地裁第3法廷判事、ブルーノ・サビアーノ氏が、昨年9月に同市で遊説中だったボウソナロ大統領候補(当時)の腹部を刺し、現行犯逮捕されたアデリオ・ビスポ容疑者(本人も犯行を認める)は、精神疾患により責任能力がないと判断したことを27日に明らかにしたと、28日付現地各紙が報じた。
 事件の捜査にあたっていた連邦検察局は今年の4月に、「アデリオ・ビスポ容疑者は精神病のため、自分の行いを自覚する能力に欠けており、有罪となった際には減刑の余地がある」との鑑定を出していた。
 今回のサビアーノ判事の判断は、ボウソナロ大統領が指名した精神科医が4月に行った診断結果が20日に提出されたことを受けたものだ。
 サビアーノ判事は「容疑者の経歴や病歴、専門の鑑定士、医師らによって出された精神状態の報告書を慎重に確認した。その結果、「容疑者には責任能力を問えないと判断した」と語った。
 判事によると、容疑者の精神状態を鑑定した医師4人は全員、「容疑者は持続性妄想性障害」との結論で一致した。「医師たちの判断は、障害の重さの評価で、『全く罪に問われない』か、『一部罪に問われない』かの見解が違うだけだった」と判事は述べた。
 これにより、アデリオ・ビスポ容疑者が禁固刑を受けることはなくなったが、最大で20年間に及ぶ精神治療下におかれることとなる。
 治療施設への移送は、刑事裁判手続きが完全に終了してからになる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月22日 東西南北  ルーラ氏の官房長官就任問題を巡り、先週末のマニフェスタソン以上に騒然とした今週末、ダッタフォーリャの最新データが発表された。それによると、国民の68%がジウマ大統領の罷免を支持しており、大統領は辞任すべきだと考える人も65%に増えた。罷免支持率は、コーロル元大統領の罷免審議の […]
  • 2日は1ドル3・77レ=ドル高に歯止めかからず2015年9月3日 2日は1ドル3・77レ=ドル高に歯止めかからず  連邦政府が8月31日に赤字予算案を提出して以来、ドル高レアル安傾向に歯止めがかからず、2日の午後4時6分には2002年12月13日に1ドル=3・7750レアルを記録して以来の最高値となる1ドル=3・7721レアルまで進んだと2日付G1サイトなどが報じた。 赤字予算の提出はブラ […]
  • 東西南北2014年8月16日 東西南北  13日にエドゥアルド・カンポス氏が犠牲になった、サンパウロ州サントスのセスナ機墜落の検証は今も行なわれているが、墜落の瞬間の推測が進んでいる。墜落現場となった民家の間にあった中庭には直径10メートル、深さ3メートルの大きな穴が開いたが、専門家は、この穴から判断するに飛行機 […]
  • 2011年4月17-23日付エスタード紙テレビ解説付録「tv/capa」2014年5月30日 ブラジル映画の中のジャポネス=時時代と共に変遷する役柄=(中)=百年経ってようやく家族役=「いつも日系人の役だけ」  当地のTVドラマはイタリア移民の話が多い。移民大国だけに歴史物にはドイツ移民、イギリス人、アラブ人など様々な役柄がある。つまり、白人系の役者なら何でも演じることができる。 しかし、金子は「僕はいつもジャポネスの役だった」と首をひねる。「何度かドイツ人の役をやらせてくれとか […]
  • コロニア再統合のシンボル=日本館建設から50年=14日イビラプエラで式典=「移民100周年へつなげたい」2004年8月13日 コロニア再統合のシンボル=日本館建設から50年=14日イビラプエラで式典=「移民100周年へつなげたい」 8月13日(金) […]