ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市環境局で、同じ家族から少なくとも9人雇われていることが判明した。その9人は、エドゥアルド・デ・カストロ環境局長が所属する自由党(PL)の支援者の一族だ。親族雇用の発端となったアギナウド・デ・ルッカ氏は、ジウマ政権で運輸相を務めたアントニオ・カルロス・ロドリゲス氏が18年の下院選に出馬した時の支持者で、カストロ局長はかつて、ロドリゲス氏の側近だった。カストロ局長はルッカ氏をはじめ、同氏の兄弟や甥たちに対し大量に役職を与えていたとされる。同市広報官は「真相を明らかにする」としているが、ブルーノ・コーヴァス市長自身、縁故採用疑惑で問題になったことがある。
     ◎
 ここ最近、ブラジルでもデモが頻繁に行われているが、29日には、お隣アルゼンチンでマウリシオ・マクリ大統領に抗議するゼネストが行われた。同日はストのため、首都ブエノス・アイレスはバスも電車も走らず、市内が完全にマヒ状態となった。今回のゼネストは、同大統領になってから既に5回目。さらに悪いことに、同国のインフレは今年、既に15・6%に達している。大統領選は来年だが、持ちこたえられるか。
     ◎
 スポーツ裁判所は29日、25日に行われたサッカーの全国選手権、ボタフォゴ対パルメイラス戦の勝敗をいったん保留する判断を下した。それはボタフォゴが、同戦の敗戦の一因となったPKを献上する原因となったファウルに対する審判のビデオ判定に疑問を呈したため。パルメイラスは一時的に勝ち点3を失っているが、それでもまだ首位を保っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月4日 東西南北  ルーラ元大統領は2日、パリでの式典に参加し、「名誉市民」の称号を受けた。同市は、ルーラ氏が収賄罪などによる実刑を受け、服役中のときから同氏の無罪を訴え、その業績を称えてきたところだ。ルーラ氏はそこで、1審で実刑判決を下したセルジオ・モロ法相を「犯罪者」と罵り、自身を有罪にした […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ2019年11月20日 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ  ブラジルの通算4回目の優勝で幕を閉じたU17W杯。優勝に貢献した3選手、チーム得点王のカイオ・ジョルジ(サントスFC)、準決勝、決勝で決勝ゴールを決めたラザロ(フラメンゴ)、大会MVPガブリエル・ヴェロン(パルメイラス)の3人には、既に最低60億円の違約金が設定されて […]
  • 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す2019年9月17日 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す  14、15日にかけてサッカーブラジル全国選手権1部リーグ第19節の10試合が行われた。  全38節の折り返しとなる第19節で、もっとも注目されたのは1位フラメンゴと、2位サントスFCの直接対決だ。  マラカナン競技場に6万8千人を超える大観衆を集めたこの試合は、フ […]
  • リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?2019年5月16日 リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?  13日夜、サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯決勝トーナメントの抽選会が行われ、グループリーグを勝ち抜いた16チームの対戦相手が決まった。  トーナメントの山を2つに分け、それぞれ組みあわせを紹介していく。  クルゼイロ(ブラジル)対リーヴェルプレイト(アルゼンチン […]