ホーム | 日系社会ニュース | 熟連GB大会=グアラニー桜クラブBが連覇=非会員参加で賑わい取り戻す=ベレン3チームと交流も

熟連GB大会=グアラニー桜クラブBが連覇=非会員参加で賑わい取り戻す=ベレン3チームと交流も

優勝したグアラニー桜クラブBチーム

優勝したグアラニー桜クラブBチーム

 ブラジル日系熟年クラブ連合会(熟ク連、上野美佐男会長)主催、ブラジルゲートボール連合会(GB連合会、萩尾勝巳ジュリオ会長)後援の『第34回ゲートボール大会』が25日、サンパウロ市ジャバクアラ区ブラジルGB連合会コートにて開催された。今年から熟ク連会員以外の参加も可能(75歳以上限定)となり、前回大会から参加者35人増の90人、全18チームで腕を競った。

 大会当日の天気は晴れ。しかし、気温は最高20度とこの秋一番の冷え込みをみせた。午前8時、西一人実行委員長が開会を宣言。先没者へ黙祷が捧げられ、前回大会優勝チームのグアラニー桜クラブBが優勝杯を返還した。
 競技の結果、前回大会に続きグアラニー桜クラブBが優勝を果たした。同チームで主将を務めた高村・パウロ・寿徳さん(78、三世)は「ベレンやアチバイアなど普段会えない遠方の方と交流出来、とても楽しい大会でした。今後も色々な人と協力して、全伯中の人が参加できるような大会になってくれれば」と語った。
 同大会は熟ク連会員向けの催しとして続けられてきたが、近年は一世世代会員の高齢を理由とする不参加が増え、年頭の会議では開催中止も視野にいれた話し合いが行われていた。昨年大会の参加者は55人、全11チームで、今大会の参加者はそれを下回る見込みだった。約20年前の全盛期には80チーム、400人が参加していたという。
 しかし、2月に熟ク連ベレン支部(神園タカユキ支部長、73、二世)から3チーム参加の連絡が届いたことで開催論に弾みがつき、続行を決定。GB連合会にも参加者集めの協力を仰ぎ、実現に至った。
 ベレンチームの参加は、昨年の熟ク連ベレン支部創立40周年時に上野会長が同地を慶祝に訪れ、大会への遠征参加を提案したことがきっかけ。神園支部長がパラーGB連盟(五十嵐光也会長、84、山形県)に参加を呼びかけた。同地方から熟ク連主催大会への参加は初となる。神園支部長、五十嵐会長は「サンパウロの皆さんとの交流は楽しく、遠路来た甲斐がありました。また来年も期待しております」と語った。
 上野会長は「一時は開催も危ぶまれましたが、皆さんのお陰で盛会となりました。大会は競技を楽しむことはもちろん、いろいろな人と交流を深める大切な機会。来年もより多くの人が楽しんでもらえるようにしたい」とコメント。
 参加者集めに協力した萩尾GB連合会長も「中止にならずに良かった。ゲートボールは高齢になっても楽しめる素晴らしい競技。これからも参加者集めを始め、開催に協力していきます」と笑顔で語った。
 大会結果は以下の通り【1位】グアラニー桜クラブB【2位】アチバイアセイリューD【3位】イビラプエラ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 日本館で特別映像イベント=基金45周年と文協65周年で2020年3月7日 日本館で特別映像イベント=基金45周年と文協65周年で  国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)とブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)が共催する「プロジェクションマッピング×日本庭園プロジェクト」が7日、8日と13~15日の5日間(午後6時半~午後9時)、サンパウロ市イビラプエラ公園内の日本館(Av. […]