ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゲデス経済相がFGTSの再解禁を検討=220億レアルの経済効果狙う

《ブラジル》ゲデス経済相がFGTSの再解禁を検討=220億レアルの経済効果狙う

パウロ・ゲデス経済相(Gustavo Raniere/ASCOM/Ministerio da Economia)

パウロ・ゲデス経済相(Gustavo Raniere/ASCOM/Ministerio da Economia)

 【既報関連】今年第1四半期のGDPが前四半期比マイナス0・2%と、2年ぶりのマイナス成長だったことが発表された5月30日、パウロ・ゲデス経済相が勤続期間保障基金(FGTS)休眠口座の引き出し解禁や、社会統合基金/公務員財形計画(PIS/PASEP)休眠口座の引き出し解禁の検討を示唆したと、5月31日付現地各紙が報じた。

 これらの狙いは一般家計に臨時収入を与えることで、負債解消や内需拡大に繋げることだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ