ホーム | Free | 石川県人会文化祭8、9日に=陶芸、華道、絵手紙、水彩画など

石川県人会文化祭8、9日に=陶芸、華道、絵手紙、水彩画など

脇坂さん、森永さん、九十九さん、石井さん

脇坂さん、森永さん、九十九さん、石井さん

 ブラジル石川県人会(森永正行ジェラルド会長)は第20回文化祭を8日(土)、9日(日)の両日、サンパウロ市の同会館(Rua Tomas Carvalhal, 184, Paraiso)で開催する。両日とも絵手紙、活け花、水彩画、陶芸などの充実した展示やワークショップが用意されている。
 8日のワークショップは、絵手紙が午前11時から午後5時、活け花が午後1時から2時、水彩画が午後3時から4時。土曜日のみ白餅とカレーが昼食時に販売される。
 午前10時からの開会式の最後に、特別に琴の演奏に加え、竹下義康相談役による宝生流の謡が披露される。
 9日は絵手紙が午前10時から午後4時、水彩画が午前11時から正午、午後2時半から3時半まで。午前10時半から「日本における美術と建築」という講演もあるという。
 水彩画教師の脇坂グラシエラさんによれば、17人の生徒の絵30点を展示する。風景画、人物画、植物画など各種あるという。遠くはサントスやサンジョゼ・ドス・カンポスから習いに来る生徒もいるという。
 絵手紙教師の石井恵子さんは「絵手紙創始者の小池邦夫先生の教え『ヘタで良い、ヘタが良い。心を込めて描きなさい』を皆で実践しています。ぜひご参加ください」と呼びかけた。
 陶芸教師の九十九ラッシーさんも「初心者も大歓迎。当日は生徒の作品の茶碗、皿、湯呑、花瓶などを販売しています。味のある手作り感あふれた作品ばかり。気に入ったらぜひ買ってください」と語った。
 活け花は、華道家元池坊華道会ブラジル支部の河村徳子(とくこ)支部長が指導している。森永会長は、「会館で行われている一年間の活動の成果を発表します。ぜひ見に来てください」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》初接種はキリスト像の足元で=59歳の看護婦と80歳の女性2021年1月19日 《リオ州》初接種はキリスト像の足元で=59歳の看護婦と80歳の女性  当初の予定が前倒しされ、18日午前中に新型コロナの予防接種ワクチンの各州への配布が行われたブラジル。午後からは各地で、新型コロナの予防接種キャンペーンが始まった。  リオ州の場合、予防接種ワクチンの到着が予定より遅れ、第1陣を乗せた飛行機がサントスドゥモン空港に着い […]
  • 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ2021年1月19日 《ブラジル》サンパウロ市で17日ワクチン接種開始=許可出るも中国製のみ調達済=英国製届かず大統領面目丸つぶれ  国家衛生監督庁(ANVISA)は17日、コロナウイルスのワクチンとして緊急使用願いが出されていた「コロナバック」「オックスフォード・ワクチン」の二つを満場一致で承認した。25日からコロナバックの接種開始とかねてから発表していたサンパウロ州では、17日の内にさっそく前倒 […]
  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]