ホーム | ブラジル国内ニュース | アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト

アンドレ・マトス死去=日本でも愛されたアングラのヴォーカリスト

 ブラジルを代表するヘヴィ・メタル・バンド、アングラのヴォーカリストだったアンドレ・マトスが8日、サンパウロ市内で亡くなったことが発表された。
 1971年にサンパウロで生まれたマトスは、10代の頃からへヴィ・メタル・バンドを組んで活動。80年代にはバンド、ヴァイパーのヴォーカリストとして活躍した。
 マトスは1991年にバンド、「アングラ」を結成。バンドへの注目が集まったのは、93年にデビュー・アルバム「エンジェルズ・クライ」を発表したときだった。
 このアルバムは、へヴィ・メタルにドラマティックなクラシック音楽の要素を加えた作品として注目され、収録曲の「嵐が丘」でマトスの歌唱力が絶賛された。
 この曲は英国女性歌手ケイト・ブッシュの代表曲として有名だが、女性でもかなりの高音域が出ないと歌えない曲を、キーをあまり落とさずに見事なハイトーン・ヴォイスで歌いきって、驚かれた。
 アングラはとりわけ日本で人気が高く、マトス在籍時の3枚のアルバムは、日本国内のチャートでいずれもトップ20位入りするという、ブラジルのバンドとしては珍しい快挙も成し遂げている。
 マトスはその後、新バンド、シャーマンを結成したが、2006年にそれが発展解消する形で、自身の名前のバンド「アンドレ・マトス」を結成し、活動を続けていた。
 アンドレ・マトスは今月2日にサンパウロ市でコンサートを行ったばかりで、7月13日にはサンパウロ州内陸部のサンタクルス・ド・リオ・パルドで次の公演を行う予定だった。
 死因については、現時点では心停止としか公表されていない。本人の生前の希望で葬儀は行われず、遺体の火葬だけが行われるという。(8日付G1サイト、R7サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分2019年6月20日 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分  18日、フランスで開催中のサッカー女子W杯で、ブラジル代表はイタリアに1―0で勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。一方、男子代表は、自国開催のコパ・アメリカでのベネズエラ戦を、再三ゴールを取り消された末に、0―0で引き分けた。19日付現地紙が報じている。  グループCをここ […]
  • モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場2019年6月19日 モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場  ブラジル国内では9日以降、2014年のラヴァ・ジャット作戦開始以来、「ブラジルの新しいヒーロー」とまで呼ばれていた元同作戦担当判事で現法相のセルジオ・モロ氏の判事時代の実際の姿が情報リークで暴露され、大騒動となっているが、その影響が芸能界にまで及んでいる。  そのひとつが、 […]
  • 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも2019年6月20日 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも  南米の大学ランキングで、ブラジルの大学がはじめて1位の座から転落したことが明らかになった。19日付現地紙が報じている。  これは、イギリスの権威ある教育機関「タイムス・ハイヤー・エデュケーション」が毎年発表している恒例の南米大学ランキングでわかったもの。それによると、南米で […]
  • 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効2019年6月19日 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効  17日、リオ市北部のトン・ジョビン国際空港に、同日発効の大統領令9731号によってビザを免除された米国人観光客らが到着し始めたと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  マルセロ・アウヴァロ・アントニオ観光相によると、ビザ免除の対象は米国、カナダ、オーストラリア、日本の4カ […]
  • 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波2019年6月19日 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波  2016年までは人口で世界第5位だったブラジルが、パキスタンに抜かれて6位に落ちたと、18日付現地紙が報じている。  国連が17日に発表したところによると、2017年の調査の時点でのブラジルの人口は2億1100万人で、2億1700万人に到達したパキスタンに抜かれて6位に落ち […]