ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場

サンパウロ市=1日平均62人の教職員が休職=ストレス深刻な教育現場

 サンパウロ市では昨年、1日平均62人の教職員が、精神的な問題を理由に休職したと、10日付現地紙が報じている。
 これは、情報公開法に基づいてサンパウロ市役所の各部局を対象に行った調査で判明したもので、それによると、教育局絡みでは、ストレスや鬱、不安、パニック障害などの精神的な問題で休職した教員が2万2561人いた。
 この数は、2番目の保健局で休職した2210人の10倍にもあたる数だ。他に1千人を超えたのは都市保安局の1323人だけだから、異例なまでに多い数といえる。
 この2万2561人のうち、もっとも多い理由は「気分障害」と呼ばれるもので1万2632人が該当。8882人は「神経障害」、413人は「統合失調症」で休職したという。
 実際に休職した教員たちの声を拾ってみると、「ある朝、突然、起きられなくなった」「歌うことができなくなった」などが目立つ。ある教員は「給料が安い上に、授業数を多くこなさねばならない」という教育現場の現状を指摘。教師への暴行も後を絶たず、「家庭や社会の軋轢が学校の中で噴出している」と指摘する心理学者もいる。
 サンパウロ市教育局は現状を問題視し、「解決策を模索しなければならない」としている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で2019年6月12日 サンパウロ市=アニャンガバウーの改修工事再開=セントロ再開発の一環で  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は10日、市中央部(セントロ)ヴァーレ・ド・アニャンガバウーの改修工事を再開すると発表した。11日付現地紙が報じている。  ヴァーレ・ド・アニャンガバウーはセントロの名所の一つで、19世紀から歴史があり、「ヴィラーダ・クウツラル」のメイ […]
  • オバマ前大統領=サンパウロ市で講演会を行う=舞台裏ではペレとも対面2019年6月1日 オバマ前大統領=サンパウロ市で講演会を行う=舞台裏ではペレとも対面  5月30日、米国のバラック・オバマ前大統領がサンパウロ市で講演会を行い、「サッカーの神様」ことペレとの再会も果たした。5月30日付現地紙サイトなどが報じている。  オバマ氏が大統領退任後にブラジルを訪れるのはこれが2度目で、今回は、電商取引に関する国際イベントの「VTEXデ […]
  • サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン2019年6月11日 サンパウロ州で黄熱病の予防接種=サンパウロ市では麻疹のキャンペーン  サンパウロ州とサンパウロ市が10日~7月12日の予定で、予防接種キャンペーンを始めた。双方とも、29日(土)が病気撲滅のためのXデー(ポ語ではDia D)で、保健所も8~17時に開業する。  サンパウロ州のキャンペーンの対象は黄熱病だ。州内の黄熱病の予防接種実施率は71・6 […]
  • 《サンパウロ大都市圏》サントアンドレの路上生活者殺害は銃収集家=過去に不法所持などで逮捕の前歴2019年5月23日 《サンパウロ大都市圏》サントアンドレの路上生活者殺害は銃収集家=過去に不法所持などで逮捕の前歴  【既報関連】11日にサンパウロ大都市圏サントアンドレで路上生活者を殺害した容疑者は、銃収集を趣味とする企業家で、前歴もあったことが判明した。22日付現地紙が報じている。  この事件は、路上生活者のセバスチアン・ロペス・ドス・サントスさん(40)が殺害された直後に、防犯カメラ […]
  • チリ=ブラジル人の一家6人がガス中毒死=休日に借りたアパートで2019年5月24日 チリ=ブラジル人の一家6人がガス中毒死=休日に借りたアパートで  チリのサンチアゴで22日、休暇を過ごしていたブラジル人の一家6人が、宿泊先で遺体で発見された。23日付現在紙が報じている。  亡くなったのは、サンタカタリーナ州フロリアノーポリス大都市圏のビグアスー市在住のファビアーノ・デ・ソウザさん(41)と妻デボラさん(38)、長女カロ […]