ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日付本欄でも報じた、サンパウロ市での俳優ラファエル・ミゲルさん(22)と彼の両親殺害事件に関する詳細の一部が明らかになった。現在逃走中のパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者は、娘のイザベラさん(18)がラファエルさんと交際していると知って激怒し、イザベラさんの外出と携帯電話での通話を8カ月間禁止していたという。ラファエルさんの両親はイザベルさんの家の近くへ二人を迎えに行った後、パウロ容疑者と話そうとしてイザベルさん宅に向かったところ、3人共、殺されてしまった。
     ◎
 12日付アゴラ紙によると、サンパウロ市では、バス車内のビリェッテ・ウニコの自動改札機の上に、顔判別機能付の小型カメラを設置し、ビリェッテの所有者自身が使用しているか否かを確認。これにより、ここ2年間で33万1641枚のビリェッテの不正使用を防いだという。ビリェッテ・ウニコの不正使用はたびたび問題になっており、サンパウロ市もその対策として使用制限を厳しくしたりして、利用者が混乱する事態もしばしば生じていた。不正使用が完全になくなるのは難しいかもしれないが、カメラの効果が大きなものだったことは確かだろう。
     ◎
 サンパウロ市は11日付の官報で、女子サッカーのW杯が行われている時間帯は仕事を行わないようにすることを定めた。必要性が高い業務は別だという。対象となるのは、当面は今日13日の午前11時(試合開始は午後1時)からと18日の午後2時(同午後4時)からとなる。グループリーグを勝ち抜くと、対象日時がさらに増える可能性がある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]