ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ話題のハッキング被害を受けて、ボルソナロ大統領はワッツアップやテレグラムといったアプリを使った通話をやめることにしたという。ただでさえ、ツイッターでの問題発言が多い大統領だけに、より一層の注意が必要か。また、13日は下院で社会保障制度改革のための特別委員会があったからまだ目立たなくて済んでいるものの、12日にインターセプトから暴露されたモロ法相とダラグノル捜査官の会話は、省略されていたところもすべて明確にされ、最高裁との関係につながる疑惑も浮上するなど、9日漏洩分よりさらにたちが悪い。この危機を乗り越えることはできるか。
     ◎
 13日の女子サッカーW杯、ブラジルはオーストラリア相手に幸先良く2点を先制したが、その後、逆転され、3対2で試合を落とした。故障を押して出場のエース、マルタが先制点、ジャマイカ戦でハットトリックを決めたクリスチアーネが2点目を決める理想的な展開だったが、途中から浮き足立ち、決勝点は痛恨のオウンゴールだった。次戦は18日の対イタリア戦。グループリーグ通過のためにも、なんとか踏ん張ってほしいところだ。
     ◎
 他方、男子のサッカーでは、今日から自国開催のコパ・アメリカが開幕する。開幕戦出場のセレソンは、午後9時30分より、サンパウロ市モルンビ・スタジアムでボリビアと戦うが、果たして実施が噂されているゼネストの影響がどうなのか、気になるところだ。また、今大会でゲスト参加の日本代表は、17日にモルンビ・スタジアムでチリと対戦する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 東西南北2018年6月7日 東西南北  母の日に、サンパウロ州スザノ市の小学校前で、母の日のイベント参加のために集っていた生徒や父兄を守ろうとして強盗を射殺した軍警のカチア・サストレさんのことは、賛否両論を巻き込んで大きな話題を呼んだ。「母親としての見本」と賞賛する一方、「映像で確認しても殺す必要まではなかった」と […]
  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]