ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》サントス・クルス大統領府秘書室長官解任=オラーヴォとの権力争いで敗北か=連邦議会は再び調整役失う

《ブラジル》サントス・クルス大統領府秘書室長官解任=オラーヴォとの権力争いで敗北か=連邦議会は再び調整役失う

サントス・クルス氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

サントス・クルス氏(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 13日、カルロス・アルベルト・ドス・サントス・クルス大統領府秘書室長官が、解任された。ボウソナロ政権では3人目(軍人閣僚では初)の解任で、ボウソナロ大統領らが信奉する極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏や大統領の息子たちからの圧力と、オラーヴォ派との権力争いが原因と見られている。14日付現地紙が報じている。
 サントス・クルス氏の解任は、13日に大統領から本人に直接告げられた。大統領に最も近い軍出身者の一人の解任は、アミウトン・モウロン副大統領さえ驚く、突然のものだったという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ