ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効

《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効

 17日、リオ市北部のトン・ジョビン国際空港に、同日発効の大統領令9731号によってビザを免除された米国人観光客らが到着し始めたと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。
 マルセロ・アウヴァロ・アントニオ観光相によると、ビザ免除の対象は米国、カナダ、オーストラリア、日本の4カ国で、手続きが簡単になった事で観光客が増え、年最低10億レの経済効果があるはずだという。
 ビザ免除による観光客増加は観光省が15年以上前から訴えていたもので、17日に到着した米国人観光客の中にはやはり、ビザが要らなくなったから来たという人もいたという。
 同相によれば、ビザ免除により恩恵を受けるのはブラジル経済であり、ブラジル国民だという。同相は、必要かつ適正な投資さえ行えば、少なくとも、中期的に見た雇用増加と所得増加、その他の恩恵が見込まれると見ている。
 17日に到着した米国人親子はコパ・アメリカを見に来たと言い、「米国も早く同様の措置をとればいいのに」「繰り返してブラジルを訪問できる事を期待している」と述べている。
 昨年の場合、ブラジル人は国外で182億ドルを消費した。これに対し、外国人旅行者がブラジル国内で落とした金は59億ドルで、123億ドルの出超だった。
 観光省は現在、米国向けのPR用キャンペーンを計画しているが、今後はその対象をカナダ、日本、オーストラリアに広げていく予定だという。
 同省によると、2018年に電子的な手続きでビザ取得が可能になった事で、今回のビザ免除の対象となった国々からの観光客は15・73%増え、4億5千万ドルの経済効果を生んだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も2019年9月18日 《ブラジル》若者のネット事情調査=2/3が「いじめ増える」と回答=ネット中毒に警鐘の声も  ブラジルの非営利団体レッジ・コニェシメント・ソシアルが行ったアンケート調査「青少年とつながり」第三版によると、15~29歳の青少年の3人に2人は、インターネットの存在がいじめを増やし、孤独感を増幅させると考えており、57%がインターネットは不安感を掻き立てると回答したと、17 […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]
  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル2019年9月14日 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル  【既報関連】13日から始まった勤続期間保障基金(FGTS)の支払いのため、FGTS取り扱い銀行の連邦貯蓄銀行(Caixa)は、営業時間を延長して対応していると、12、13日付地元ニュースサイトが報じた。  ブラジル政府は、景気刺激策として、FGTS口座からの引き出しを1口座 […]
  • ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に2019年9月14日 ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に  「ボウソナロ政権が映画の検閲を開始か?」―。そうした憶測はすでに数カ月前から起こっていたが、「それが現実になるか」と思われる出来事が起こった。  12日、映画配給会社のO2フィルムズは、同社が11月20日から公開する予定だった映画「マリゲーラ」の公開が無期延期になったと発表 […]