ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効

《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効

 17日、リオ市北部のトン・ジョビン国際空港に、同日発効の大統領令9731号によってビザを免除された米国人観光客らが到着し始めたと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。
 マルセロ・アウヴァロ・アントニオ観光相によると、ビザ免除の対象は米国、カナダ、オーストラリア、日本の4カ国で、手続きが簡単になった事で観光客が増え、年最低10億レの経済効果があるはずだという。
 ビザ免除による観光客増加は観光省が15年以上前から訴えていたもので、17日に到着した米国人観光客の中にはやはり、ビザが要らなくなったから来たという人もいたという。
 同相によれば、ビザ免除により恩恵を受けるのはブラジル経済であり、ブラジル国民だという。同相は、必要かつ適正な投資さえ行えば、少なくとも、中期的に見た雇用増加と所得増加、その他の恩恵が見込まれると見ている。
 17日に到着した米国人親子はコパ・アメリカを見に来たと言い、「米国も早く同様の措置をとればいいのに」「繰り返してブラジルを訪問できる事を期待している」と述べている。
 昨年の場合、ブラジル人は国外で182億ドルを消費した。これに対し、外国人旅行者がブラジル国内で落とした金は59億ドルで、123億ドルの出超だった。
 観光省は現在、米国向けのPR用キャンペーンを計画しているが、今後はその対象をカナダ、日本、オーストラリアに広げていく予定だという。
 同省によると、2018年に電子的な手続きでビザ取得が可能になった事で、今回のビザ免除の対象となった国々からの観光客は15・73%増え、4億5千万ドルの経済効果を生んだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■年末年始の予定■2018年12月27日 ■年末年始の予定■  今年最後の通常号が28日(金)付となります。その後、2019年新年特別号(16頁)が発行され、新年の通常号は1月4日(金)付から。  その間、編集部は12月28日(金)から1月2日(水)までお休み。ただし、購読部は年末28日(金)まで通常通り営業し、29日(土)から1月3日 […]
  • 日語センター=「日本の日系子弟の実態」=江副隆秀氏招き講演会2010年9月28日 日語センター=「日本の日系子弟の実態」=江副隆秀氏招き講演会 ニッケイ新聞 2010年9月28日付け  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は10月3日午後2時から同センター(R. Manoel de Paiva, […]
  • 東西南北2016年8月30日 東西南北  現在、ジウマ大統領の弾劾裁判が進行中で、明日未明にも、罷免か否かの結果が判明する。国家元首の命運がかかる、本来なら国に緊張感が走る瞬間のはずなのだが、それにも関わらず、ブラジルの報道は比較的落ち着いて静かなもので、新聞の報じる面積も、他のことを報じた記事と大きくは変わらない。 […]
  • 2008年12月6日 リベルダーデ=百周年を餅搗きで締め括る=ACAL=特別に2千4百キロ=3千人にお雑煮振舞う=「次は百五十周年だよ」 ニッケイ新聞 2008年12月6日付け  百周年の締めくくりに盛大に餅つきを――。毎年大晦日に行われているサンパウロ市〃夏の風物詩〃、リベルダーデ文化福祉協会(池崎博文会長、以下商工会)が主催する東洋街恒例の餅つき祭りだが、今年は一味違う。共催として日系三団体を加え、通常 […]
  • コチア青年総会、16日に2014年2月4日 コチア青年総会、16日に ニッケイ新聞 2014年2月4日  コチア青年連絡協議会(村田重幸会長)は16日、サンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会(Rua Fagundes, […]