ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》=サソリに噛まれる被害急増中=「清潔に保ち、自宅への侵入に気をつけて」と保健省

《サンパウロ州》=サソリに噛まれる被害急増中=「清潔に保ち、自宅への侵入に気をつけて」と保健省

サソリの被害が拡大している。(Tribunal de Contas do Estado de Sao Paulo)

サソリの被害が拡大している。(Tribunal de Contas do Estado de Sao Paulo)

 伝染病監視センターの発表によると、サンパウロ州では昨年、サソリに人が噛まれる事故が過去30年間で最高となる3万707件発生。13人の死者も出た。

 同種の事故は2012年以降、年々増加傾向にあり、今年の事故発生件数は最初の2カ月だけで4025件(死者2人)に上っている。

 1月には保健省が「12~3月までの夏の間はサソリの発生により注意が必要」との警告を出した。サソリは、餌の多いゴミの集積地などを好んで棲み、気温や湿度が高い環境は繁殖には理想的だからだ。

 保健省によると、都市部に生息するサソリは主にゴキブリを食べて生きており、ゴミの集積地帯に集まるという。

 サソリが住居に侵入するのを防ぐには、排水溝や流し台、貯水タンクに侵入防止用のスクリーンを張る、ドアの小窓をふさぐなどの工夫が有効だ。また、サソリが侵入した場合の事故を防ぐ意味で、ベッドやベビーベッドを壁から遠ざけて置く、服や靴を着用する前にサソリがいないかを調べるといった習慣も役立つ。

 屋外では、庭にゴミ、落ち葉を置いたままにしない事も重要で、ゴキブリの出現を防ぐために、家庭ゴミはしっかり密封しておく事、芝生のある庭では、草を短く刈り込んだ状態に保つ事なども重要だ。

 また、園芸や建築用資材を扱うといった、危険な活動をする時も、軍手や皮のブーツを着用し、石の下や穴、腐った丸太の周辺などにうかつに手を突っ込まないよう、注意しなくてはならない。

 農村部では、これらの予防措置の他に、サソリの天敵であるトカゲ、カエル、フクロウなどの夜行性の鳥などを飼育する事も有効と、保健省は発表している。

 保健省は、サソリを除去するための化学物質(農薬)は、有効性がまだ実証されていないとして、使用を勧めていない。

 サソリに噛まれた場合はすぐ、最寄りの病院に行く事、可能であれば、種類が分かるように、サソリを捕まえるか、写真に撮るかして持って行くとよいと保健省は勧めている。

 また、保健省は、サソリに噛まれた場合も、全てのケースに血清を使用する必要はなく、全体の87%は抗毒素の使用の必要がない軽度のケースだとしている。

 血清はサソリの毒が、中程度以上の場合にのみ使われる。石鹸で患部を洗う事は、応急処置としても有効だ。(11日付エスタード紙、同アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》現地紙がコーヴァス市長の1年を採点=危機管理と迅速対応で高評価2019年4月6日 《サンパウロ市》現地紙がコーヴァス市長の1年を採点=危機管理と迅速対応で高評価  前市長ジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)がサンパウロ州の知事選に出馬するのに伴って離任した事で、副市長だったブルーノ・コーヴァス氏(PSDB)がサンパウロ市長の座に就いてから1年が経った。  就任早々に起きたセントロ(市中央部)での大型ビル火災から始まり、1 […]
  • 《サンパウロ市》スパイス・ガールズのメンバーまで登場=300万人を集めた2019年ゲイパレード2019年6月25日 《サンパウロ市》スパイス・ガールズのメンバーまで登場=300万人を集めた2019年ゲイパレード  23日、サンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通りで、毎年恒例のゲイパレードが行われ、主催者発表で300万人を集める盛況となった。  今年のゲイパレードは、同性愛者嫌悪で知られるボウソナロ大統領の就任1年目ではあったものの、数日前に最高裁で「同性愛差別は人種差別法に含 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 《ブラジル》芸術界の巨星相次いで墜つ=〃ボサノヴァ〃の創始者逝く=音楽に造詣深いサロモンも2019年7月9日 《ブラジル》芸術界の巨星相次いで墜つ=〃ボサノヴァ〃の創始者逝く=音楽に造詣深いサロモンも  この週末は、ブラジルの音楽などに多大な影響を及ぼしてきた人物が相次いで亡くなった。  最初はボサノヴァの創始者ジョアン・ジルベルト(88)だ。1931年6月バイア州生まれのジルベルトは、マリファナ中毒となって姉の家に居候していた時、バスルームに閉じ篭り、クラシック・ […]
  • GMがサンパウロ州2工場の閉鎖計画撤廃=20~24年に100億レを投資2019年3月21日 GMがサンパウロ州2工場の閉鎖計画撤廃=20~24年に100億レを投資  ジェネラル・モーターズ(GM)ラテンアメリカ法人のカルロス・ザルレンガ社長が19日、2020~24年に100億レアルの投資を行うとの意向を表明したと19、20日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  投資計画はサンパウロ州庁舎で発表され、ジョアン・ドリア同州知事らも同 […]