ホーム | 日系社会ニュース | CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」

CIATE=永井専務理事が来月帰国=「日本でもブラジル人を助ける」

離任挨拶に来社した永井康之さん

離任挨拶に来社した永井康之さん

 2015年から国外就労者情報援護センター(CIATE)で専務理事として赴任している弁護士の永井康之さん(43、愛知県)が、7月15日に帰国するため離任挨拶で来社した。
 歴代専務理事はみな日本からの駐在者だが、4年3カ月の駐在期間は過去最長。永井さんは「来た時はデカセギに行く人も少なく、ボクもすぐに日本へ帰ると思っていた。でも結果的に長い滞在になった」と振り返る。近年のブラジルの不景気から再びデカセギに行く人が増えた関係で業務が激増し、「ここ1年の相談件数は5千件にもなった」と語る。
 1985年に始まったデカセギブームの中でも一つの節目「四世ビザ」関係の支援が、最も印象的な仕事だったという。「日本で生まれて帰りたかった四世の手伝いができた。現在、全世界で40~50人に発給されている。色々と問題もあるが、まずは始まって良かった」と微笑む。
 また、弁護士の二宮正人氏を手伝い『サンタクルス病院の歴史』を共訳。「300頁に及ぶ内容を翻訳した。ポ語はもちろん、日系社会の勉強にもなりました」。更に昨年12月に日本で刊行された『世界の憲法集 [第五版]』のブラジル連邦共和国憲法部分も二宮氏と共訳した。この本のブラジル部分は、今後当地でも刊行する予定だという。
 更に、他の海外在住者と共に「最高裁判官の国民審査」の在外投票が出来なかったことに対し、「在外投票が認められないのは憲法違反だ」と日本国を相手に訴訟を起こし、東京地裁は5月、憲法違反との判決が下した。「少しでも日系社会の皆さんの役にも立てば」と語る。
 帰国後は赴任以前の勤務地である愛知県名古屋市で、弁護士業に戻る。「愛知県周辺には10万人のブラジル人がいるが、日本にはポ語ができる弁護士はあまりいない。引き続きブラジルの人を手伝えれば」と意気込んだ。


□関連コラム□大耳小耳

国外就労者情報援護センター(CIATE)の専務理事を務める永井康之さんは「帰国した後、日本でやっていけるか少し心配」と笑う。というのも、ブラジルに滞在した4年3カ月間、仕事と並行してブラジル文化を楽しむために全伯を飛び回っていたからだ。たとえば「カーニバルはサンパウロ、リオ、レシフェ、サルバドール、オリンダ…色々な所に行きました。しかもその度に現地のTV局から取材されました」。という具合に、歴代専務理事の中でもかなりブラジルを満喫していた永井さん。帰国して日本が合わないと感じたら、是非またブラジルに戻ってきてほしいところ!?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カーニバル=地方では不景気が水差すも=主要都市のエスコーラのパレードは敢行2016年1月20日 カーニバル=地方では不景気が水差すも=主要都市のエスコーラのパレードは敢行  暦の上でのカーニバルは2月9日だが、多くの町では既にブロッコと呼ばれるグループの行進が始まり、2月5日から灰の水曜日の10日正午にかけて、サンボドロモでの行進などの公式イベントが開催される。 5日の金曜日から公式イベントが始まるのはレシフェ、サルバドール、サンパウロなどだ。  […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • コラム 樹海2003年3月4日 コラム 樹海   カルナバルがやってきた。どこまでも華やかで賑やかな遊楽祭である。カトリックの厳しい四旬節を前にして楽しくお祭り騒ぎをしようの心からきたものだから踊りも音楽も底抜けに明るい。リオはサンバながらオリンダになるとフレーボ。サルバドールはアシェとそれぞれに独自の音楽とリズムに酔 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]