ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末

《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末

 サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。
 事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん(27)が、門番のジョゼ・ドミンゴス・ジニス容疑者(59)とトイレの中で口論となり、同容疑者が昼食時に果物を切るのに使ったナイフで刺された。
 このトイレでの騒ぎは大声だったこともあり、驚いた学生たちが階下からかけつけたが、ブルーノさんは既に亡くなっていたという。
 ジニス容疑者は駆けつけた軍警によって連行され、身体検査と事情聴取を受けた。
 調べによると、両者はこれ以前からも口論になることがあったといい、事件当日は、トイレでナイフを洗っていた同容疑者が「なにかが臭い」と言い出したのがきっかけで口論になったという。
 容疑者は「俺はナイフを持っている。気をつけろ」と警告したが、それを聞いたブルーノさんがバイクに積んでいた鉄棒を持って来ると、容疑者に殴りかかったという。
 ブルーノさんの友人は「彼は普段は善良だが、カッとなると後先考えずに行動するところがあった」と語っている。ジニス容疑者は頭部と腕に傷を負っており、軍警は身柄を拘束する前に法医学研究所に連れて行った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始2019年7月12日 サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始  サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者) […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か2019年7月5日 《サンパウロ州》ドリア知事がABCへのモノレール断念=代わりに高速バスで対処か  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は3日、サンパウロ大都市圏のABC地区にモノレール線を建設する計画を諦め、代替案としてBRT(高速バス)を走らせると発表した。4日付現地紙が報じている。  ABC地区へのモノレール線(モノレール線18号)建設計画は2009年に浮上。計画上で […]
  • 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火2019年7月11日 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火  サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。   3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能 […]