ホーム | ブラジル国内ニュース | ジカ熱による小頭症が回復=ブラジル人医師らが報告

ジカ熱による小頭症が回復=ブラジル人医師らが報告

小頭症から回復した例もあると報じた10日付G1サイトの記事の一部

 8日付医学雑誌『ネーチャー・メジシン』に、ジカ熱に罹患した妊婦から生まれた小頭症児の脳神経が、正常な成長を遂げている例があるとの報告が掲載された。
 同誌が掲載したのは、ブラジルのオズワルド・クルス財団や米国のカリフォルニア大学などの研究者が、ジカ熱に罹患した妊婦やその子供を継続して観察してきた結果を報告したものだ。
 研究者達は、妊娠中にジカ熱にかかった妊婦244人を継続観察している。これらの妊婦は、リオ市でジカ熱が流行った2015~16年にオズワルド・クルス財団の研究所で、ジカ熱への感染の有無を調べた患者だ。彼女達は、ジカ熱に罹患した事を示す症状(発熱や発疹など)が現れた時点で、妊娠の時期には関わりなく、観察対象とされた。
 244人の妊婦の内、ジカ熱ウイルスへの感染が確認されたのは216人で、出生児の3・7%にあたる8人の子供が小頭症と判断されたが、この内の2人が小頭症からの回復を示したという。
 2人の内、1人は成長するに従って頭囲が回復した。もう1人は、頭蓋骨の手術を行った後に、頭囲が回復し始めた。2人共、脳神経の発達も正常で、2歳相当の発達を遂げているという。
 だが、反対に、出生時は小頭症ではなかったのに、成長するのに伴って症状が現れた子供も2人いたという。
 研究者達によると、妊娠中にジカ熱に罹患した妊婦から生まれた子供は常に小頭症を発症する可能性があり、出生時には何の問題もなかった場合でも、生後3年間は、脳神経や聴覚の検査と眼科の診察を受ける必要があるという。(10日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近2020年9月9日 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近  新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために不可欠とされたPCR検査が、より簡便化される可能性が出てきた。  オズワルド・クルス財団とVisuri社が共同開発した携帯型検査器が、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を待つばかりになったのだ。  携帯型検査器はOmniL […]
  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 《ブラジル》ジカ熱=小頭症児支援の暫定令承認=最賃を生涯年金として支給2020年2月7日 《ブラジル》ジカ熱=小頭症児支援の暫定令承認=最賃を生涯年金として支給  上院が5日、ジカ熱感染が原因で生まれた小頭症児に最低賃金一つ分の生涯年金を支払うための暫定令を承認した。これにより、同件は大統領裁可を待つばかりとなったと同日付現地紙サイトが報じた。年金支給の対象は、15年1月~19年12月生まれのジカ熱感染が原因の小頭症児だ。   […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]
  • 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡2020年1月23日 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡  保健省が20日、サンパウロ州内陸部のソロカバ市に住んでいた男性が出血熱で死亡したと発表した。  同省によると、この男性は、アレナウイルス科のマンマレナウイルスに感染していた事が判明したという。マンマレナウイルスは、ブラジル出血熱の原因とされたサビアウイルスと似ており […]