ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 コパ・アメリカの開催中、国内サッカーは中断されていたが、決勝の翌日からは2部リーグの試合が始まった。1部リーグの再開は13日からだが、それに先立ち、10、11日にはブラジル杯準々決勝第1試合が行われた。リーグ戦で首位を走るパルメイラスはここでも強く、インテルナシオナルを地元に迎え、1対0で勝利した。その他のカードでは、ミナス州ベロ・オリゾンテの名門対決が注目されたが、クルゼイロがアトレチコ・ミネイロに3対0と完勝した。国内サッカーは今後、12月第1週までほぼノンストップだ。
     ◎
 ブラジル経済省は12日、政府としての今年の国内総生産(GDP)成長率予測を発表。5月に出した1・6%との予想は、0・81%へほぼ半減された。「GDP成長率予測」といえば、毎週月曜にはフォーカス(中銀が金融機関対象に行うアンケートの集計)の予想値(0・82%)が出され、6月末には中銀独自の予想値(0・80%)も出たが、どれも下方修正が止まらない。政府は、今年のGDPは2・5%成長との前提で予算を立てており、それを下回れば当然、税収も想定を下回る。基礎財政収支を、設定した赤字上限以内に収めるための経済班の苦悩は続きそうだ。
     ◎
 今年1月からサンパウロ市の地下鉄運賃は4レアルから4・30レアルに値上がりしたが、ジャポン・リベルダーデ駅、ポルトゲーザ・チエテ駅などでは、「つり銭の硬貨が足りない」を理由に、切符を1枚4レアル(1人2枚まで)で販売している(期間は不明)。ジャポン・リベルダーデ駅で何度も並びなおして1枚4レアルの切符を大量購入するのもありか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月1日 東西南北  自分が推薦した候補の勝率が市長選で芳しくなかったボルソナロ大統領だが、2年後は自分の大統領選が控えている。それに備えた「対策」なのか、以前のような手作業の票集計に戻すよう主張している。本人の意見では「その方が正確」とのこと。だがその証拠はなく、ルイス・ロベルト・バローゾ選挙高 […]
  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 東西南北2020年11月27日 東西南北  41人の死者を出したサンパウロ州タグアイーでの交通事故の詳報が入ってきている。検証の結果、カーブで追い越しをかけようとしたバスが勢い余って反対車線にはみ出て、肥料を運んでいた荷台連結型トラックと衝突したとの見方が強まった。警察は引き続き、聞き取り調査などを行っている。だが、バ […]
  • 東西南北2020年11月25日 東西南北  ボルソナロ大統領が社会自由党(PSL)を離党し「政党なし」となって1年以上が経過。その間、目指していたはずの市長選にも参加できず、政党実績がないままに2年後の大統領選に臨まねばならなくなった。23日に報じられたところによると、ボルソナロ氏の新党「ブラジル同盟」は現在も結党に必 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]