ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始

《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始

 しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。
希望者は、専用サイトwww.naomeperturbe.com.brに電話番号を登録することで、こうした電話に煩わされる心配が減る。
 ブラジル国家電気通信省(Anatel)が主導し、民間企業が作成したサイトは、電話会社や有料テレビ、インターネットの会社からの着信だけを排除するように設定されており、他の部門の会社からの電話マーケティングの電話は排除できない。
 サイトに登録すると、30日以内に電話会社のマーケティング部門からの着信が届かなくなる。登録者に電話をかけようとする事業者は、警告または最大5千万レアルの罰金処分となる。
 着信を拒否したい電話番号を登録するには、インターネットでサイトを開き、電話番号(携帯電話も固定電話も有効)と電子メールアドレス、納税者番号(CPF)を登録した上で、拒否したい回線の番号を登録する。ブロックしたい回線が複数ある場合は、同じ手続きを繰り返せばよい。 
 Anatelによると、受信者が望まない着信の3分の1は、電話会社からの販売、勧誘の電話だという。今後は、こうした電話はAnatelによって管理された企業からしかかけられなくなる。
 こうした、電話番号を登録することで勧誘電話を拒否できるサイトは、ノン・ミ・ペルトゥルビ以外にないので類似サイトには注意が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》路上行商人の新規管理制度を発表=「闇経済終わらせる」と市長2019年7月3日 《サンパウロ市》路上行商人の新規管理制度を発表=「闇経済終わらせる」と市長  サンパウロ市役所は1日、市内に約4万5千人いるとされる路上行商人(カメロー)のオンライン管理システム「ト・レガル」を導入すると発表した。1、2日付現地各紙・サイトが報じている。  ブルーノ・コーヴァス市長(民主社会党・PSDB)は、「このプログラムは、市内の人通りの多い場所 […]
  • サンパウロ市IPTU=一括と初回の支払期日終了=免税資格者や申請手続きは2019年2月28日 サンパウロ市IPTU=一括と初回の支払期日終了=免税資格者や申請手続きは  サンパウロ市の都市不動産所有税(固定資産税、IPTU)は、1月17日~2月14日に払い込み通知が送付されており、2月1~28日が、一括払いと初回分割分払い込みの期日となっている。  分割払いの場合の払い込み票は、初回分の払い込み後に一括して送られてくるため、各月の払い込み期 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • サンパウロ州=昨年から通知なし、期限に注意!=9日からIPVA期限切れ開始2019年1月10日 サンパウロ州=昨年から通知なし、期限に注意!=9日からIPVA期限切れ開始  サンパウロ州では昨年以降、自動車所有税(IPVA)の支払い期日の通知が郵送されなくなっている。車を持っている人はIPVAの支払いを忘れないようにと同州財務局が、警告を発した。  IPVAは、3%の割引つきの一括払い、割引なしの一括払い、3回の分割払いの3通りの方法で支払う事 […]
  • 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い2019年8月17日 《ブラジル北部》ベネズエラ難民の子供のためのサッカー教室=生活の厳しい親に一筋の救い  一向に解決の兆しを見えないベネズエラの深刻な政治危機、経済危機による難民流入が発生しているブラジル最北のロライマ州で、ユニセフと非政府団体のヴィザン・ムンディアルが共同運営するスポーツ学校が、サッカー、バレーボール、チェスなどのクラスを開催し、5歳から17歳までのベネ […]