ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始

《ブラジル》しつこい勧誘電話をシャットアウト=電話番号登録サービス開始

 しつこい勧誘や売り込み電話に悩んでいるブラジル市民に朗報だ。16日からこうした電話を無料でシャットアウトするサービス、「ノン・ミ・ペルトゥルビ(私を邪魔しないでの意)」が始まったと、15、16日付現地サイトが報じている。
希望者は、専用サイトwww.naomeperturbe.com.brに電話番号を登録することで、こうした電話に煩わされる心配が減る。
 ブラジル国家電気通信省(Anatel)が主導し、民間企業が作成したサイトは、電話会社や有料テレビ、インターネットの会社からの着信だけを排除するように設定されており、他の部門の会社からの電話マーケティングの電話は排除できない。
 サイトに登録すると、30日以内に電話会社のマーケティング部門からの着信が届かなくなる。登録者に電話をかけようとする事業者は、警告または最大5千万レアルの罰金処分となる。
 着信を拒否したい電話番号を登録するには、インターネットでサイトを開き、電話番号(携帯電話も固定電話も有効)と電子メールアドレス、納税者番号(CPF)を登録した上で、拒否したい回線の番号を登録する。ブロックしたい回線が複数ある場合は、同じ手続きを繰り返せばよい。 
 Anatelによると、受信者が望まない着信の3分の1は、電話会社からの販売、勧誘の電話だという。今後は、こうした電話はAnatelによって管理された企業からしかかけられなくなる。
 こうした、電話番号を登録することで勧誘電話を拒否できるサイトは、ノン・ミ・ペルトゥルビ以外にないので類似サイトには注意が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》2回目のコロナ援助金の支払い開始=長蛇の行列を避けるには?2020年4月29日 《ブラジル》2回目のコロナ援助金の支払い開始=長蛇の行列を避けるには?  連邦政府による新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、非正規雇用者らへの2度目の緊急援助金の支払いが、27日に始まった。支払い先の銀行では長蛇の列ができ、感染拡大も懸念されている。28日付現地紙、サイトが報じている。  今月9日に始まった第1回目の支払いでは、3130万人に対し […]
  • 《ブラジル》確定申告は3月2日から=2万8559レ以上、4月末まで2020年2月28日 《ブラジル》確定申告は3月2日から=2万8559レ以上、4月末まで  今年も確定申告の時期がやってきた。今年の確定申告の期間は3月2日から4月30日までなので、申告漏れや期限に遅れるのを避けるため、早めに準備を行うよう、税務署などが勧めている。  給与所得者の場合、2019年の年間所得が2万8559・70レアルを超えたら、確定申告が必要だ。こ […]
  • 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で2020年3月20日 《サンパウロ市》血液不足で血液センターが危険な状態に=コロナウイルス感染恐れ、外出避けた影響で  新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、ブラジル国内でも外出を避け、自宅にとどまることが推奨されている中、サンパウロ病院とIBCC腫瘍学センターでは、輸血用の血液のストック量が減り、18日には「危険な状態」とされるレベルに達した。医療機関によると、外出を避けるように周知されている […]
  • サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から2020年1月7日 サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から  サンパウロ州では2018年から「自動車所有税」(IPVA)の支払期日の通知を郵送していない中、割引付の一括払いと、1回目の分割分の支払期日が迫っており、「車を持っている人は支払いを忘れないように」との警告が流れている。  IPVAは「3%の割引付の一括払い」「割引なしの一括 […]
  • 《ブラジル》生命に関わる悪ふざけ流行=頭蓋骨骨折や死亡例の報告も2020年2月15日 《ブラジル》生命に関わる悪ふざけ流行=頭蓋骨骨折や死亡例の報告も  インターネット上で、「人間ルーレット」「頭蓋骨壊し」「デザフィオ・ダ・ラステイラ」などと呼ばれる、非常に危険な遊びの動画が出回っており、親や教師、医師の間で懸念が広がっていると12、13日付現地紙、サイトが報じた。  識者達が悪質な悪ふざけと批判する遊びは、3人が並んで行う […]