ホーム | コラム | 樹海 | 小さな注意が大きな差を生む

小さな注意が大きな差を生む

 このところ、気を重くさせるような話ばかりが続いていたが、サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテの町からちょっと嬉しい話が届いた▼主人公は大天使ミカエルのシャラー(同名の人)で、8歳の少年だ。ミカエル君は常々、「僕が使うバス停はいつもごみで汚れている」とこぼしていた。母親のミカルさんは息子の苦情を聞く都度、「我が家では家の中にごみを溜めておいて、収集日に出すけど、そういう習慣がない人もいるからね」と説明してきた。だが、ある日、「そんなに気になるのなら、一緒に行って掃除する?」と提案したところ、その場で話がまとまったという▼二人は袖を捲し上げると、ごみ袋を持ってバス停に。バス停の周りに溜まっていたごみの量は想像以上で、家から持って来た袋ではとても足りない。バスが頻繁に通り、大勢の人が行き来する傍らで、飴などの包装紙やプラスチックに紙、ガラス瓶などを分別しながら集め、前方にあるゴミ捨て場に繰り返し運ぶ様子は、ミカルさんが写真やビデオに収めた▼ミカエル君は清掃後、近所の人向けのビデオも録画。「飴の包装紙一つだって、大きな差を生むんだ。こんな小さなごみを捨てたって、何も変わらないさ、なんて思わないで。こんな小さなごみなら邪魔にはならないと思うかもしれないけど、本当に大勢の人を煩わせているんだよ」と呼びかけた。残念ながら、この話を伝えた16日付G1サイトは、町の人達の態度が変わったかなどの後日譚を伝えていないが、皆がミカエル君と同じように考え、彼と同じように行動すれば、町はもっときれいになるはずだ。小さな手の業が多くの人の心を動かす事を待ち望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 父と子の絆を描くメッセージ2019年8月8日 父と子の絆を描くメッセージ  父の日(8月第2日曜日)が近づいている。ブラジルでは、6月の恋人の日と10月の子供の日の間を埋めるため、8月に決めたと聞いた事がある。理由はともあれ、父親への敬意や感謝を覚え、示す日は、大切にして欲しい。そういう意味で、この時期にSNSでよく流れる、息子が父親をレストランに連 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ2019年8月1日 ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ  キャリア50年以上のジャーナリスト、アレッシャンドレ・ガルシア氏が、「ジャーナリズムは事実の奴隷でなければならない」と語り、我々の視点や倫理観というフィルターを避ける事は不可能だが、自分が信じる事実を曲げてはならないと説いた▼弊紙でも、題材の選び方や表現方法に記者の関心や問題 […]