ホーム | コラム | 樹海 | 小さな注意が大きな差を生む

小さな注意が大きな差を生む

 このところ、気を重くさせるような話ばかりが続いていたが、サンパウロ州海岸部のサンヴィセンテの町からちょっと嬉しい話が届いた▼主人公は大天使ミカエルのシャラー(同名の人)で、8歳の少年だ。ミカエル君は常々、「僕が使うバス停はいつもごみで汚れている」とこぼしていた。母親のミカルさんは息子の苦情を聞く都度、「我が家では家の中にごみを溜めておいて、収集日に出すけど、そういう習慣がない人もいるからね」と説明してきた。だが、ある日、「そんなに気になるのなら、一緒に行って掃除する?」と提案したところ、その場で話がまとまったという▼二人は袖を捲し上げると、ごみ袋を持ってバス停に。バス停の周りに溜まっていたごみの量は想像以上で、家から持って来た袋ではとても足りない。バスが頻繁に通り、大勢の人が行き来する傍らで、飴などの包装紙やプラスチックに紙、ガラス瓶などを分別しながら集め、前方にあるゴミ捨て場に繰り返し運ぶ様子は、ミカルさんが写真やビデオに収めた▼ミカエル君は清掃後、近所の人向けのビデオも録画。「飴の包装紙一つだって、大きな差を生むんだ。こんな小さなごみを捨てたって、何も変わらないさ、なんて思わないで。こんな小さなごみなら邪魔にはならないと思うかもしれないけど、本当に大勢の人を煩わせているんだよ」と呼びかけた。残念ながら、この話を伝えた16日付G1サイトは、町の人達の態度が変わったかなどの後日譚を伝えていないが、皆がミカエル君と同じように考え、彼と同じように行動すれば、町はもっときれいになるはずだ。小さな手の業が多くの人の心を動かす事を待ち望みたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗2020年7月21日 《記者コラム》ブラジルで「伝統」になった米国南部連合の旗 「虐げられた人々」が集まるブラジルの不思議  世界中からアメリカに移住したい人は多いだろうが、その逆は少ない。歴史的に見ると、ブラジルは数少ないそんな国の一つだ。「どうして世界で最も豊かな米国から、危なくて貧乏そうなブラジルへ?」と不思議がる人もいるだろうが、そこには歴史的理 […]
  • 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別2020年7月14日 《記者コラム》樹海=護憲革命と日本移民――他人ごとでない黒人差別 革命か、反乱か  米国などで反黒人差別「ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives […]