ホーム | ブラジル国内ニュース | 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会

齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会

来社した齋藤さん

 齋藤真里奈さん(22、静岡県)が大阪・サンパウロ姉妹都市協会による研修制度で20日に来伯、23日に来社した。先週行われた姉妹都市50周年記念行事にも出席、研修しながら9月2日まで滞在の予定。
 齋藤さんは大阪大学外国語学部ポ語専攻3年で、今年2月に行われた同会主催「第9回ポルトガル語スピーチコンテスト」に出場して優勝した。その副賞として今回の約10日間の伯国研修を獲得した。
 滞在中は両市の交流活動を担当する聖市役所国際局や、大阪市立田辺小学校との姉妹校のオオサカシ小学校、またサンパウロ州立総合大学(USP)を訪問する。
 母親の家族が沖縄県出身であることから、ブラジル沖縄県人会の会員との交流、大学で専攻するポ語文学に関連して、市内の文学資料館などの見学も希望している。
 齋藤さんは日系伯人が多く暮らす静岡県浜松市の出身で、「幼い頃からポ語を聞く環境にあった」と話し、日系伯人の友人の存在がポ語に関心を持つきっかけとなった。「友人は日本語を話せて私のことを理解してくれた。だが、私はポ語が分からず、友人のことを深く理解できていない」と感じた齋藤さんは、ポ語を学習できる大学を選んだそう。
 「専攻のポ語文学については、本場の伯国で見聞を広めたい。移民について、沖縄と伯国の関係も学びたい」と研修の抱負を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ