ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》OAB会長の父らの遺体焼却=証言中に脅迫受けたと元警部

《ブラジル》OAB会長の父らの遺体焼却=証言中に脅迫受けたと元警部

遺体焼却の現場で証言するゲーラ氏(Comissão Nacional da Verdade/Divulgação)

 【既報関連】連邦検察庁が1日、ブラジル弁護士会(OAB)のフェリッペ・サンタクルース会長の父親のフェルナンド・アウグスト・サンタクルース・オリヴェイラ氏ら、12人の遺体を焼却したと証言した人物が、供述中に脅迫を受けていた事を明らかにしたと1日付現地地サイトが報じた。
 オリヴェイラ氏は1974年2月に陸軍秘密警察に捕まり、拷問死したとされ、軍政中の政治犯の死亡・失踪に関する調査特別委員会が7月24日に死亡証明書も発行している。これに対し、ボルソナロ大統領は7月29日、「オリヴェイラ氏は反体制派が粛清した」と語るビデオを流した。
 だが、7月31日に連邦検察庁が、オリヴェイラ氏を含む12人の遺体を製糖工場の窯で焼却したとの証言を含む捜査報告書を提出した。
 証言者は陸軍秘密警察元警部のクラウジオ・ゲーラ氏(79)で、1973~75年にリオ州北部カンポス・ドス・ゴイタカゼスのカンバイバ精製所で、オリヴェイラ氏ら12人の遺体を焼却したという。
 ゲーラ氏は現在、福音派の牧師で、宗教的な促しもあり、真実を明かす決心をした。だが、供述を行う際に脅迫を受け、司法当局に保護を申し入れたが、受理されなかったという。
 だが、脅迫によって同氏の供述の内容が変わる事はなく、検察は7月31日に刑事犯罪捜査に基づく報告書と起訴状を裁判所に提出した。
 ゲーラ氏は真相究明委員会やエスピリトサント州の検察でも供述を行っており、その内容は『汚い戦争の記憶』という書物に収められている。同に関する捜査は8年前に始まっており、20人の証言などをまとめた報告書は7月26日に完成したばかりだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]