ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ダラグノルLJ主任=メンデス判事の捜査も試みる=PSDB捜査に強引に関連付け=検察庁長官の権限を無視

《ブラジル》ダラグノルLJ主任=メンデス判事の捜査も試みる=PSDB捜査に強引に関連付け=検察庁長官の権限を無視

メンデス判事(Nelson Jr./ASCOM/TSE)

 5日、「ヴァザ・ジャット」の新たな報道が行われ、連邦検察パラナ支部のラヴァ・ジャット(LJ)捜査班主任のデウタン・ダラグノル捜査官に新たな疑惑が浮上した。それによると、同氏は、ジウマール・メンデス最高裁判事の休職、罷免をかねてから望んでおり、民主社会党(PSDB)の捜査に関連付けて捜査を行おうとしていたという。
 「ヴァザ・ジャット」の報道元「ジ・インターセプト・ブラジル」が新たに提携したエル・パイス・ブラジルが5日に報じたところによると、今年の2月19日に、サンパウロ州道路開発公社(DERSA)元局長でPSDBの汚職工作を仕切っていたとされるパウロ・ヴィエイラ・デ・ソウザ(通称パウロ・プレット)容疑者が逮捕された際、ダラグノル捜査官は同僚捜査官らとの通信アプリ「テレグラム」での会話で、メンデス判事とプレット容疑者がスイスに持っていた口座やカードなどの関係を調べさせようとしたりしたという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ