ホーム | 日系社会ニュース | 「サッカー王国」体験に遠征=三浦泰年率いるFCトッカーノ

「サッカー王国」体験に遠征=三浦泰年率いるFCトッカーノ

来伯した選手ら

 実弟・三浦知良選手とともにJリーグ発足時から活躍し、現在も指導者として日本サッカー界を支える三浦泰年氏。自分が設立、代表を務める少年サッカークラブチーム「FCトッカーノ」(東京)のメンバーを連れ、7月26日に来伯した。5日まで滞在し、当地クラブチームとの対戦などを行った。
 今回遠征に参加したのは、14歳以下(中学2年生)のメンバー29人と、引率の泰年氏、監督ら3人。
 取材時点の1日までにサントスFCなど当地の4チームと対戦。接戦ながら0勝1分3敗だった。28日には元ブラジル代表ゴールキーパーで、日伯サッカー界で指導者としても活躍、泰年氏も指導を受け恩師と語るエメルソン・レオン氏の下で練習するなど、サッカー王国・ブラジルで技術、精神面の向上に挑んだ。
 コーチの金丸智さんは「試合を見る限り、日本の子供らの方が技術はある。ただチャンスで決めきれない。ブラジルの子供は変化する状況に即した適切な判断が下せており、サッカーを理解している」と批評を語った。
 泰年氏も日伯の意識の違いに言及。「ブラジル人からは『プロ選手になりたい』というサッカーに賭ける気持ちがにじみ出ている。試合でもボールを取られたブラジル人が、相手の足を蹴る場面があった。マナー云々ではなく、その気持ちの強さを肌で感じて成長してほしい」とブラジル遠征への期待を明かした。
 14歳以下チームの主将・星野幹久郎さんは「ブラジル人はちょっとした隙からチャンスを作る。日本でプレーしてきた感覚と大きく違う」と試合の感触に驚いた様子。横山夢樹さんも「ブラジル人はボールを持った直後、攻撃に転じる切り替えが素早い。そういった長所を吸収していきたい」と意気込みを見せた。
 FCトッカーノでは13~15歳の間に一度は海外遠征を経験するそう。7、8年前から取り組みを始め、これまでブラジルやイタリアへ足を伸ばしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]