ホーム | コラム | 樹海 | 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア

大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア

10日付エスタード紙A2面のトップ寄稿「サンパウロと中国、有望な歴史」とB11面のファーウェイ新工場建設発表記事

 10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。
 いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖州政府にとって最も重要な使節団交流が行われた。否定ができない興味をお互いが持ち、立ちふさがる障害を乗り越えて、距離を縮めつつある。サンパウロは、習近平国家主席が進めている一帯一路の最前線になる条件を備えつつある》とのラブレターのような文章で始まる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • 《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に2019年4月12日 《ブラジル》国内線持込荷物のサイズ制限を周知する活動が開始=サイズオーバーは別料金に  ブラジル航空会社協会(Abear)は10日から、国内各地の空港で、国内線の乗客に機内持ち込み荷物のサイズ、重量制限に関する規則の周知活動を始めた。  ブラジルの国内線では空港カウンターで預かるスーツケースなどには全て追加料金がかかる。  無料で機内に持ち込める荷物の基準は […]