ホーム | コラム | 樹海 | 庶民の味方のSUSだけど

庶民の味方のSUSだけど

 このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの慢性疾患の薬や鎮痛剤などはUBSで受け取れる。臓器移植後の人に不可欠な免疫能力抑制薬や骨粗しょう症治療薬、特殊なタイプの粉ミルクなど、個人では購入し難い品も高額治療薬を扱う医療機関で手に入る。血液や尿、磁気共鳴画像(MRI)などの検査、入院が必要な手術にも対応してくれる。日本での出稼ぎ中に脳梗塞を起こし、稼いだ金を使い果たして帰国した人を診た医師にも会った。私立病院にはかかれない庶民には強い味方だ▼ただ、診察や検査の予約を入れるのに時間がかかり過ぎる難点がある。特殊診療科の診察予約を入れるのに数カ月~1年以上かかった例や、超音波検査を受けるよう言われたが、出産予定日後しか空きがなく、私立の検査機関に走った妊婦もいる。指定された医療機関が遠く、朝5時台に家を出て検査を受けるのもザラ▼サンパウロ市でのはしか(麻疹)流行で、予防接種や診察を希望する人で医療機関が満杯となり、受付を通るのに1時間以上とか、擬似症患者の採血に看護婦の手がとられ、他の検査が後回しになる例も。保健局の報告で患者の増加率が下がり始めたと知り、救急病院で聞くと、「麻疹で来る人は減り始めた」というが、受付までは30分以上。こんなところにも庶民の生活実態がにじみ出る。税金から莫大な選挙資金を捻出する事ばかり考える政治家が多過ぎる。もっと、足元である庶民の健康管理を考え、税金と政治力を割いて欲しい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖2020年6月26日 ブラジルで一気見する、日本の特撮の元祖  コロナ禍における外出自粛のあいだの過ごし方として「動画配信サービスでの映画やドラマのビンジ・ウォッチング(一気見)」というのが世界的な現象として見られた。  外に出ても映画館もコンサート会場も、スポーツ・スタジアムも開いていない。そんなときにできることと言えば、家に […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • 自己陶酔の革命家ごっこ2020年6月19日 自己陶酔の革命家ごっこ 「300・ド・ブラジル」の主宰者、サラ・ウインター容疑者が逮捕された。彼女のことはブラジルの一般メディアが大きく取り扱う前から本コラムで「大統領府前で武装して立てこもっている危ない集団がいる」として紹介したが、それから約1カ月後の逮捕となった。  コラム子からすると、 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]