ホーム | コラム | 樹海 | そして「彼」までも去って行った

そして「彼」までも去って行った

フロッタ氏(Roberto Parizotti/CUT)

 「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボウソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか」と▼別にフロッタ氏がPSLから追放されることで、ボウソナロ政権は何の痛手も被らない。そこのところは、ボウソナロ氏の大統領選でのコーディネーター役だったグスターヴォ・ベビアーノ氏や、陸軍との橋渡し役立ったカルロス・アルベルト・ドス・サントスクルス氏といった重要閣僚を失ったときとは比べ物にならない

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • もはや「イロモノ政治家」まで大統領よりまとも?2019年4月12日 もはや「イロモノ政治家」まで大統領よりまとも?  10日付フォーリャ紙に非常に興味深いインタビュー記事が掲載された。それは、元ポルノ男優として知られる一年生下院議員アレッシャンドレ・フロッタ氏のものだが、ボウソナロ大統領の熱心な支持者として知られた彼が、同大統領ならびに同政権を批判する発言を行なったのだ▼フロッタ氏は […]
  • 海岸山脈はどうやって生まれたのか2017年3月7日 海岸山脈はどうやって生まれたのか […]
  • ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?2017年2月7日 ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったら?  「ブラジルが太平洋に通じる鉄道を持ったらどうなるか?」というのは夢のような話だが、トランプ就任が時代の変わり目であることを考えれば、再考してもいいのではないか。トランプがTPP離脱を宣言したことで新しい動きが生まれている。ブラジルとアルゼンチンが1月31日、「日本、カ […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]
  • (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞2018年8月17日 (ブラジル音楽賞)大ベテランが受賞を独占 シコ・ブアルキが大賞受賞  ブラジルの音楽賞のひとつ、「ブラジル音楽賞(プレミオ・ムジカ・ブラジレイラ)」の授賞式が15日に行われ、シコ・ブアルキなどが受賞した。  ブラジル音楽賞は、ブラジルのアーティストの音楽賞としては、ムウチショウ賞やラテン・グラミー賞などと並ぶ、大きな賞のひとつだ。今年 […]